紀州へ:一人旅

  • ブックマーク

紀州へ:一人旅
撮影:DP2x

撮影旅行もかねていきました。作品はこちら一人でフラット、日帰りの旅?に出かけました。
目的地は、和歌山マリーナシティ
です。黒潮市場にて新鮮なマグロを味わうのと、隣にある紀黒潮温泉(露天風呂+岩盤浴)です。

朝から和歌山方面へ電車です。通勤と逆方向なので空いていました。

ベンチもガラガラです。

ひとまずの目的地。和歌山駅です。折り返し運転に必要でしょうか?引き込み線や切り替えポイントがたくさんありました。下に、僕の陰が写っています。記念写真です。

ここからは目的地の和歌山マリーナシティへバスで移動です。ここから目的地へ、バス発車の数は限られますが、無料バスが運行されています。これを利用しない手はありません。
もちろん路線バスでも行けます。運賃は片道500円ほど必要です。

バスにゆられながら、和歌山市内を離れて30分ほどで、終点のホテルにつきます。後は5分ほど徒歩で黒潮市場に到着しました。
和歌山市内で、和歌山ラーメンで有名な井出商店前も、通りました。(もちろんバスは止まりませんが。)

この日は海からの風がとても強く寒い日でした。ヨットハーバーです。すごいヨットばかりです。

黒潮市場に到着。平日ですがそこそこのお客さん。良く聞くと中国語でした。中国人の団体さんが来られている様です。あっ中国はお正月かな。

マグロの解体実演。職人さんの手際の良さ。良かったです。

その職人さんの作業を、見ている少年。
何を考えている?包丁さばき?マグロおいしそう?どっちかな。

まず初めの目的、マグロ丼です。美味しかったー。
ただ、ちょっと満腹にはなりませんでした。

ということで、和歌山ラーメン。こういう所だからあまり期待していませんでした(失礼!)。しかし、予想を裏切ってくれました。これは嬉しい誤差。美味しかったです。

紀州黒潮温泉です。
今回は、温泉入浴+岩盤浴(1時間)セットの割引料金 ¥1300円で、入館しました。
温泉、露天風呂ともに広く、どちらからも、紀伊水道と大阪湾が一望できます。開放感があり、風景と温泉を楽しみ、リラックスできました。

岩盤浴は、サウナと違い、明かりが少なく、静かな空間とてもリラックスできました。リラックス出来きる空間ですが、すごく多くの汗をかきます。なので、1時間と言う時間制限でしたが、一時間ぐらいで、汗びっしょりとなり、そろそろ出ようかと、僕はなりました。

とても気分転換ができ、マグロと和歌山ラーメンと温泉・岩盤浴に満足した日帰り紀州路?旅行でした。

また、気楽な旅にはDP2xは似合う。そして現像して、出来上がった写真は、独特の空気感、発色です。これもたのしい。

散財したアイテム

最近の散財はこちら!

出張に便利そうなコンセントを買った!塩は、ぬちまーす。

【WordPressブログ スタートアップ講座 開催決定しました】

11月3日 祝日 水曜日
・10時から18時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。
お申し込みページはこちら

12月30日  木曜日
・10時から18時
・Kitchen Bee(4名)とオンライン(4名)のハイブリッド開催です。
お申し込みページはこちら

オンラインのスタートアップ講座、気になっていたけど、4日間に分かれていて、スケジュールが、、というあなた。オンラインでも1日でOKなスケジュールを作りました。

ぜひ、この機会に、情報発信の母艦を一緒に作りましょう。

また、「ブログをスタートしたい」という方に、すごく良い講座あるよっと、ご紹介いただけると、飛び上がって喜びます。

よろしくお願いします。

(なお、リアルの会場は、Kitchen Beeにて人数を制限し、感染症対策を行って開催します。)

追伸、

また、11月3日の19時から20時の1時間、ものくろキャンプ交流会を開催します。こちらは、少人数ですが、Kitchen Beeのお席もご用意できる予定です。

オンラインとハイブリッド開催しますので、オンライン参加も大歓迎です。イベントを立ち上げますが、まずは、カレンダーに丸印を!

ブログスタートアップ講座のお申し込み告知ページを見逃したくない!という方は、下のメールマガジンにご登録ください。

お申し込み開始時にご案内をお送りします。

無料メルマガ発行中

メルマガも2021年は頑張って書いています。ぜひ登録して読んでくださいね。(無料です)

メールマガジン
無料で購読
メールアドレス *
* 必須項目

【案内板】

このブログをはじめて読んだあなたへ
ぜひ読んでもらいたい記事を用意しました。

オンラインショップあります

↓ 下のバーナーをクリックすると移動します。


Youtube

  • ブックマーク

この記事を書いた人

テストテスト