サーチコンソールから「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出との通知があったときWordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」 の確認ポイント

WordPressのプラグイン「Google XML Sitemaps」を標準設定で使っていると、サーチコンソールから「インデックス カバレッジ」の問題が新たに検出されましたとのメールが届きます。

サーチコンソールからのメールなので、何事なのか?と焦ります。

メールから、サーチコンソールにログインし、インデックス カバレッジのページで問題が検出されたURLを確認すると、https://example.com/sitemap.htmlが検出されています。

これは、プラグインのGoogle XML Sitemapsの初期設定で、sitemap.htmlが出力されるからです。

必要なのは、sitemap.xmlなので、sitemap.htmlは不要です。

Google XML Sitemapsの設定画面で、オプションを変更すると解決します。

WordPressの管理画面を開き、設定XML-Sitemapへ進み、基本的な設定の中にあるHTML形式でのサイトマップを含めるのチェックを外し、画面下の設定を更新をクリックします。

変更作業は以上です。

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします