Safariでfavicon(ファビコンを表示する方法 -macOS Mojave・iOS 12-

Safariでもfaviconが表示できるようになった

やっと、Safariでもfaviconが表示されるようになりました。

2018年秋に登場した、macOS MojaveとiOS 12のSafariからFaviconの表示をONにするオプションが用意されました。

macOS Mojave

macOS MojaveのSafariのオプション変更手順は以下の通り。

メニューバーSafari環境設定を開き、タブに進み、タプでWebサイトのアイコンを表示のチェックボックスをONにする。

iOS 12

iOS 12のSafariのオプション変更手順は以下の通り。

設定アプリを開き、下に進みSafariをタップ、開いた画面にあるタプにアイコンを表示のオプションをONにする。

faviconとは

faviconとは、ファビコンと読みます。favorite(お気に入り)+ icon (アイコン)の2単語をつなげて、短くした造語です。

ウェブサイトのトレードマークとして小さく表示されてるマークです。たくさんのタブを開いていても、マークで「あっ!あのWebページ」と見つけやすく表示してくれます。

1999年にInternet Explorerで導入されて、ChromeやFirefoxだと表示されていましたが、Safariでは、なぜか?表示しない仕様になっていました。Safariだと、タブのタイトルを読まないと、どのWebページなのか?見つけらないときがあり、不便でした。

これが、2018年秋に行われた、macOS MojaveとiOS 12へのアップデートによって、Safariでもfaviconの表示ができるオプション(初期設定では表示されない)が用意されました。その変更手順をまとめたのが本記事です。

なお、faviconのデータ(favicon.ico)の作り方は、こちらの記事がわかりやすいのでオススメです。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する