[Blogger] RSS Footerプラグインの使い方 間違っていました!コンテンツの後ろに配置しました。

RSSはどうして配信されているの?を勉強した ものくろ おおひがしです。

RSS Footerプラグインに設定した定型文が、いつ?RSSに反映されるのか?一番大切な点を勘違いしていました。RSS リーダーが取得した時の設定した定型文が配信されることに気づきました。

rss

”記事更新時”に設定していた内容で、RSSが作られるのではなかったのです。

つまり、RSS を受け取るタイミングにて、同じ記事でも私がプラグインの設定を変えたら、配信される定型文が違ってくる訳です。

この挙動は目的としていた方向と180度違います。

複数の記事を取得すると、文頭がすべて同じになってしまうのです。これはがっかりです。とってもがっかりです。

なので、RSS Footerプラグインの設定を変更して、最後に著者情報の形で差し込むことに変更しました。

RSSに追加して、情報を配置できることはとっても魅力を感じますし、面白そうなのです。今後も使い方は考えていきます。きっと皆さんに、おっ!と楽しんでもらいたいですから。

 

調べる技術・書く技術 (講談社現代新書 1940)
野村 進
講談社
売り上げランキング: 4,403

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら