【Mac テクニック】Spotlight 検索インデックスの再作成(構築)の操作法

Macのメニューバー右の『虫眼鏡アイコン』

これはSpotlight(スポットライト)です。これは”使っているMacの中にある「何か」をすばやく簡単に探す”ことができます。

Spotlight を使う方法(Mac Basics:Spotlight)

Macの中にあるファイル・データの中身もすぐに検索できるようになっています。ただ、たまに探し物が上手く見つからない、なんか他のトラブルと関係している?ということが起こります。

そんな時に”Spotlight”の検索インデックスのデータベースを再作成(構築)を試すことがあります。

再作成には時間が必要

システムドライブにある全データの検索(データベース)を作り直します。そのため、再作成に長時間となる場合もあります。

ものくろの場合も4時間以上経過していますが、終わる気配がなく丸一日かかりそうな雰囲気です。

追記 2014-03-23:作業時間を短くするコツがありました。

[箱] 【Spotlight再構築のコツ】アプリを閉じてマシンパワーを使えるように | [箱]ものくろぼっくす

Spotlight の検索から除外する場所

Spotlightの検索から除外する設定を一端し、その後すぐに”その設定”を解除すれば、検索データベースの再作成を行えます。その手順は下のようになります。

“システム環境設定 – Spotlight”を開き “プライバシー”タブを開きます。

「Spotlight の検索から除外する場所」に、Finderから「システムドライブ」をドラッグします。

スクリーンショット 2014 03 22 21 41 36

その後、追加した「システムドライブ(ここではMacintosh HD)」をリスト下にある”マイナスアイコン”をクリックして、リストから取り除きます。

この作業を終えると、自動的に検索インデックスの再作成(構築)が始まります。

Macのメニューバー右のSpotlightを開きます。「索引を作成中」となり、全データの検索(データベース)を作り直していることがわかります。

なお環境は、MacBookAir 11inch (2013mid)・MacOSX 10.9.2(Mavericks)です。

スクリーンショット 2014 03 22 17 47 44

関連記事

参考記事

Spotlight:フォルダとボリュームの再インデックス方法

Mac Spotlightの検索インデックスのデータベースを再作成する方法 / Inforati

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら