【Mac アプリ】PopClip コピー・貼り付けだけでも十分価値あり、作業がはかどるアプリ

普通は選択する機能のみの『左クリック』に機能を割り当てるアプリが”PopClip”です。2014年4月3日現在、500円の有料アプリです。

以前に購入していたのですが、「右クリックでメニューを呼び出せばイイやん、別につかわんでも...」と放置していました。作業環境を見直していたらアプリの存在に気付き、もう一度トライしました。

すいませんでした。便利、使わないと損です!

使わないなんて、、、、、過去の自分に「正座しろ」と言いつつ、40分くらい説教したい気持ちです。このアプリでコピー・貼り付けの作業がスピードアップしました。

右が左になるだけでない

右クリックが左クリックになる”だけ”と思っていたんですが、PopClipを使うと左クリックをした時に、シンプルなメニューが表示されます。右クリックだと、なんか色々たくさん表示されているメニューなんですよね。

1秒の違いが積み重なると、大きな違いになる

この違いが作業スピードを上げてくれます。たくさんのメニューだと一瞬とはいえ「どこだ?」となりますし、マウスを動かす距離があります。PopClipだと、選択した場所のすぐ近くに下のシンプルなメニューのみが表示されます。

DropShadow ~ スクリーンショット 2014 04 03 16 05 50

これを貼り付ける時もシンプルです。

DropShadow ~ スクリーンショット 2014 04 03 16 03 16

1個のみです。迷い無く貴方のハートをズバッとクリックです。

普通はこのメニューです。右ななめ下へマウスカーソルを移動させるのが地味に手間です。いままでは疑わない当たり前な作業ですが、PopClipを使うと無駄だなぁって感じます。だからショートカットがあるんですが、まぁそこはあれです。

DropShadow ~ スクリーンショット 2014 04 03 16 03 51

この違いで、作業としては”1秒ぐらい”は違ってくると思います。1回1回はたった1秒かもしれません。でも、コピー・貼り付けの作業です。一日になると何回も行っているハズです。

PopClipを使うと、毎週20分お得になります

一日、120回だと120秒、1秒の違いがもしかしたら2秒になると、240秒です。4分です。週 5日だと20分です。この差は大きいです。毎週、同じ仕事をやっていても、20分多い休憩ができるんですよ!お得。

設定方法

有料アプリなのでappストアから購入・インストールします。

PopClip
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

なんか、システム環境設定を調整しろって言われます。拒否してもいいんですが、使えないので、現実問題としては拒否はなしということになります。

スクリーンショット 2014 04 03 15 57 45

「セキュリティとプライバシー」の「アクセシビリティー」に表示されている「PopClip」のチェックを ON にします。これで準備オッケーです。

スクリーンショット 2014 04 03 15 58 29

とりあえずはこのまま使ってみます。なんか凄いこともできるそうですが、コピーと貼り付けだけでもかなり”らくちん”になります。

DropShadow ~ スクリーンショット 2014 04 03 15 58 41

さらに凄いらしい

もっと便利な使い方ができるそうです。コピー・貼り付けだけでもこんなに便利なのですが、もっと使いこなそう!というやる気に燃えた時もばっちりです。

詳しくは下のリンクをご覧ください。

以前は割引販売もあったようです。

ものくろは PopClip初心者 なので、もうちょっと使ってみて「幸せ」になる設定ってどれだろうと、考えていきます。

PopClip
カテゴリ: ユーティリティ, 仕事効率化

関連記事

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら