DigiPressシリーズ「el plano」を新ライセンスへアップデートした時、オリジナルなタイトル・ヘッダー画像を復元する方法

  • ブックマーク
  • Feedly

DigiPressシリーズ「el plano」を新ライセンスへアップデートした時、オリジナルなタイトル・ヘッダー画像を復元する方法

”ものくろぼっくす”のブログデザインはDigiPressシリーズ「el plano」を活用して、作っています。このテーマですが、2014年7月から大きく変更がありました。

いままで面倒だったテーマのバージョンアップ、この作業がらくちんになります。WordPress管理画面からクリックでアップデート出来るようになりました。

ただ、このシステムを有効にするには、ライセンス認証というすごーく面倒な作業が必要でして、、この手順はわかりにくいと言わざるを得ない、、なぁと感じています。一度、認証したら終わりなんですけどね。

ライセンス認証を済ませても、オリジナルのタイトル・ヘッダー画像を使っていた場合、再度、再設定を行います。つまり『サーバーへ再度アップデートする必要があり、手元に画像データを準備しておかないといけない』わけです。

ですので、新ライセンスへテーマをアップデートする前に、el planoテーマのフォルダーデータをサーバーからバックアップが必要です。バックアップを行ってから作業しないと、データを失うことになります。

テーマのアップデートと認証は済んだ状態

テーマのアップデートとライセンス認証は済ませた状態という前提で進めます。アップデートの作業はもう一度、手順を確認しつつ・エントリーにまとめるようにします。

必ずバックアップを取る

画像の保存場所が変更になった

いままではテーマのフォルダーの下に「オリジナルのタイトル・ヘッダー画像」が保存されていましたが、新ライセンステーマでは、その場所が変更になりました。

WordPressの”/wp-content/uploads/”の下に変更されています。

/wp-content/uploads/digipress/(テーマ名)/ フォルダの中に

background

header

title

それとCSS(これはオリジナルスタイルシートのデータ)

4つのフォルダがあり、ここに格納されています。なので、テーマをアップデートした時にデータが自動で移動できないため、一見すると”オリジナルの画像設定が無効”となります。

管理画面のDigiPressメニューからアップデート

管理画面のDigiPressメニュー 「ビジュアル設定」−「ヘッダー画像・背景画像アップロード」のメニューから、オリジナルの画像データをアップデートします。

ビジュアル設定 − ヘッダー画像・背景画像アップロード

その後に「ヘッダーエリア設定・ヘッダー画像/コンテンツカスタマイズ」の項目から再設定することで、ブログのデザインを復旧させます。

今回メンドウだったけど、今後は楽に

画像データの保管場所が、テーマのフォルダーから霧はなされたために、元のデザインにするだけなのの手間がかかってメンドクサイことになりました。

ただ、このお陰で、今後は”楽ちん”になります。

今後は楽になる作業

これからテーマをアップデートするときは、オリジナルの画像は関係ない場所に保管されているので、間違って”消してしまう”などのトラブルが起きなくなりました。

もっとも、何が起こっても困らないために、オリジナル画像は必ずバックアップを。ものくろはDropboxに保管しています。2重になるし、間違って上書きしても元に戻せるからです。

関連記事

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら