簡易書留を送った時はevernoteで記録が良いんじゃないかと思ったんです

たまにですけど、簡易書留郵便を使います。相手の方に強い意思表示として郵便にて文書を送ることがあるんですよね。なにかと人生を生きてるとあるんです。あッ脱線しました。

簡易書留を郵便局で発送すると『書留・特定記録郵便物等受領証』という、ちっちゃい証明書がもらえます。まあ、小さいので無くすわけです。なんかアレなことになって、必要になってから血眼になって探すわけです。

evernoteを使って、記録しています。すると、万が一必要になった時にラクチンですし、記録するのも郵便局の出口を出る前に終わるぐらい簡単にできるからです。

iPhoneアプリで記録

文書をevernoteに保存するならスキャナーなんですが、この証明書一枚のためにスキャナーを用意するのはメンドクサイです。

スマートフォンのカメラで十分オッケー、evernoteアプリがすこぶる便利です。

iPhoneのevernoteアプリなら『ドキュメント』モードにすると、自動で背景を切り取ってくれます。

Evernote
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

 証明書を受け取った、その時に登録

こういう無くしそうなことや、後からでもイイやと思うことは、その場で済ますのが一番です。

書留を投函して『書留・特定記録郵便物等受領証』を受け取った後、ものくろは郵便局の端っこに行って、その場で作業します。

郵便局は郵便物を整理する机があります。混雑していない場所で、iPhoneを取り出してevernoteアプリを起動して、メニューの『カメラ』−『ドキュメント』を選択して、カシャっと撮影して、、

ノートの題名を『簡易書留』などと後から検索するキーワードにします。投函した郵便局名も書くといいかな。入力するのはこれでお終いです。

Evernoteで簡易書留郵便を記録

お問い合わせ番号は?

追跡に使う『お問い合わせ番号』は、evernoteの画像で見ることができるので入力不要です。

『簡易書留』で検索すればオッケーです。ちなみに『特定記録郵便物等受領証』で検索しても、検索結果にヒットしました。

『特定記録郵便物等受領証』で検索

活字の『特定記録郵便物等受領証』の部分がevernoteの文字認識で処理されているからです。ただ、手書き番号の認識はちょっと無理だった様子です。

手間をかけずに必要となったときは、これで追跡するのに必要な『お問い合わせ番号』をスマートに取り出せます。手間をかけず、万が一の時は情報を簡単に時間をかけずに探して取り出せる、これがevernoteの素晴らしい点だと思います。

関連記事

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら