”ぷらっとこだま”で、直接JR在来線へ乗り換えるにはICカードを使えば便利!

  • ブックマーク
  • Feedly

大阪から東京へ、ほとんどの場合、青春18きっぷで移動しています。ただ、予定の都合で慣れない(笑)新幹線を使うこともあります。新幹線もおとくなチケットがあり、格安な飛行機 LCCよりお得に感じる場合もあります。そのお得なチケットとは「ぷらっとこだま」です。

普通の切符と違うので注意点もありますが、新大阪から東京まで片道 10,300円とお得な価格が魅力です。

東京駅へ到着して、JR 山の手線へは,ICカードを使うことでスムーズに直接乗り換えできました。

自動改札を通過できないチケット

ぷらっとこだまは自動改札を通れないチケットになります。というより、正式には切符ではなく「ツアー」扱いなんです。

ぷらっとこだま
 チケットは改札口を

なので、チケットの裏も白い紙、自動改札を通過できません。係員さんの改札を通ります。

東京駅 在来線 連絡口

ぷらっとこだま

東京駅に到着した後、JR 山丿手線や在来線へ乗り換る時にどうする?と、ちょっと迷いました。わざわざ新幹線の改札口を出て、在来線の改札口へ回り込むのはメンドクサイですよね。

連絡改札口を使いたいなぁと、でも、在来線の切符を持っていません。そんな時に便利なのが、ICカードです。

係員さんの改札口にて、「ぷらっとこだまのチケット」と「ICカード」の2つを渡せば、ICカードに入場記録を入力してもらえます。これでばっちりです。らくちん。

なお、Suica以外のICカードでも大丈夫です。ものくろは関西私鉄系の「PiTaPa」で通過しました。

関連記事

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら