iPadで親指シフト(N+note for NICOLA)でorzレイアウトなリュウド RBK-3200BTキーボードの時にちっちゃい「ぉ」を入力する方法

iPadアプリ N+note for NICOLA を使うと、外付けキーボードから親指シフトタイピングで入力でき、快適なテキストを綴ることができます。

orzレイアウトにてリュウドのRBK-3200BTiを使う場合、ちっちゃい「ぉ」を入力するのに工夫が必要となります。

2つの使える(おすすめ)外付けキーボード

ものくろが確認した使える外付けキーボードは、下の2製品(リンクはAmazon)です。どちらのキーボードも「英数キー」と「かなキー」が、キー配列にあるのがポイント。そして、orzレイアウトにすると、快適なタイピング環境になります。

コンパクトゆえに、いくつかのキーが省略

リュウドのRBK-3200BTiは、折りたたむことができるコンパクトなBluetooth外付けキーボードです。重さが約 200g、折りたたみした時のサイズは、145×98.5×19.5 mmと、楽々、持ち運びでき気に入っています。

そのコンパクトな設計のため、一部キーが省略されており、下段右の「アンダーバー」キーが省略されています。

orzレイアウトの「ぉ」

orzレイアウトの場合、下段右手 小指(ちっちゃい”ぉ”)の担当になるのが、省略されている「このアンダーバー キー」になります。

N+note for NICOLA では、一つ一つのキー配列を書き直す機能は用意されていない(iOSの制限もあると思います)ため、このままでは「ちっちゃい ぉ 」を入力できないのです。

単語登録で解決

N+note for NICOLA もiOSの辞書を使って(すばらしい!)日本語変換を行っており、iOSの「単語登録 機能」を利用できます。

そこで、「んお」の”読み”でちっちゃい「お」を単語登録します。これで「んお」と入力し変換すると「ぉ」を呼び出すことができます。「ォ」も「んおお」で単語登録しました。

使う頻度はそう多くないので、これでなんとかなっています。試してみてください。orzレイアウトで楽チン タイピングの世界へ。

リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード iPhone5/iPad対応 iOS専用 Bluetooth HIDプロファイル マルチペアリング対応(4台) ブラック RBK-3200BTi
リュウド 折りたたみ式ワイヤレスキーボード iPhone5/iPad対応 iOS専用 Bluetooth HIDプロファイル マルチペアリング対応(4台) ブラック RBK-3200BTi

posted with amazlet at 14.10.30
リュウド (2012-10-12)
売り上げランキング: 938

次回予告

Mac キーリマップアプリkarabinerでの、親指シフトの orzレイアウト配列 のバージョンアップが準備できました。

follow us in feedly

更新のタイミングを知りたい!という方には Feedly がオススメです。この機会にぜひ上のボタンからご登録を。

関連リンク

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら