1Passwordがセール、Windows版のライセンスも購入

  • ブックマーク
  • Feedly

パスワードを管理するアプリ、1Passwordを愛用しています。MacもiPhoneもiPadも。

iPhone 6Plusは手に入れた後、いままでのバックアップデータから復元せずに、一つずつアプリをインストールしました。そうする中で一番使って役だったアプリが1Passwordでした。

1Passwordが素晴らしいのは、パスワードを管理しておくだけでなく、簡単(ワンクリックで)に無意味な文字列のパスワードを作れることです。

セキュリティーを考える場合、面倒くさくなく・いつでも・すぐに”パスワード変更”ができるメリットはとても大きいです。

MacBookAir 11インチにはWindows8.1をインストールしています。ものくろキャンプにてWindowsをお使いの参加者さんの疑問を解決を目指しているおり、Windowsでも作業をできるようにして、スキルを維持しています。

Macで便利な1PasswordをWindowsでも使いたいなぁと感じていた矢先に、下のセールが発表されました。

Macだけでなく、Windowsのライセンスも割引($49.99ドルが$34.99に)されるので、Windowsライセンスを購入しました。

ただ、Windows版のライセンスは本家開発元サイトからの購入となり、PayPal経由での支払いでした。

今までの感覚だと、$34.99と聞くと「3500円」と思いがちですが、急速に進んだ円安の影響で4200円ほどに。なお、Mac版はappleストアなので今のところ「3500円」です。アプリを購入する際には、価格をよく確認のうえ購入してください。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化, ユーティリティ

とはいえ、これでWindowでもパスワードをバリバリ入力できます。

関連記事

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら