【GRAPHIE カスタマイズ】画像をセンタリングして枠を配置するCSS(スタイルシート)を設定

WordPressのテーマを「GRAPHIE」に変更して、シンプルなブログデザインになりました。画像の配置をセンタリングして、画像の表示に枠を表示するようにカスタマイズしました。

新しくクラスを定義して、CSS(スタイルシート)を追加設定しました。

画像サイズは600px

画像のサイズは600pxに設定しています。元々のel-plano、そして、GRAPHIE(オリジナルのまま)のコンテンツ幅が 600 pxなので、ちょうどピッタリになる設定値です。

だだ、GRAPHIEのメインコンテンツ幅を720 pxへ拡張するカスタマイズを行っています。そのため、600 px幅の画像の右に余白がある状態です。そこで、画像を中央に配置(センタリング)して、画像の枠も表示するように、設定しました。

いままでの画像はクラスが未設定

いままでの画像も一括で変更したいと思ったのですが、いままで、CSS(スタイルシート)の設定が必要を感じていなかったために、クラスが設定していません。

エントリー全体の画像を一括でカスタマイズすると、Feedlyボタンなどにも枠線が表示されてしまうので、いまいちです。いままでの画像に関しては、いまのところ保留し、これからアップするエントリーに対して、クラスを設定するように決めました。

WordPress管理画面では AddQuicktag プラグイン

WordPress管理画面からエントリーを書く時には、AddQuicktag プラグインにて、クラスを設定したボタンを準備しました。

MarsEditでは、画像アップロードで「Customize」で新しく設定を作成

Macでブログを書くのに愛用しているMarsEditの場合、画像をアップするウィンドウにある「Customize」オプションを使って、このような独自のテンプレートタグを設定しました。

[code]
<img src="#fileurl#" alt="#alttext#" title="#displayname#" width="#imgwidth#" height="#imgheight#" class="entry-img" />
[/code]
下のリンクページが参考になりました。感謝です。

スタイルシート(CSS)

スタイルシート設定

スタイルシートはこちらの通りに、管理画面にある「オリジナルスタイルシート設定」に追記しました。センタリングの設定は、テーマのCSSとかち合っていたため「!important」オプションを設定して、優先されるようにしました。

[css]
.entry-img {
display: block;
margin: 0 auto !important;
padding: 4px;
background: #fff;
border: 1px solid #bfbfbf;
}
[/css]

この設定は下のページが参考になりました。感謝。

シンプルながらも、写真は写真とわかりやすい配置に

シンプルながらも、写真は写真とわかりやすいデザイン配置にできました。いままでのエントリーに対して、どうするか?という問題はとりあえず置いておいて、これから書くエントリーでは、このスタイルシートを設定して、見やすいエントリーにします。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら