アメブロのバックアップと運用で注意していること

OHT96 muhyoutohayashi

アメブロのWebサイトも更新しています。

規約上、いつ削除されるかもしれないコンテンツだったりします。問題かどうか?はアメブロ運営側の判断ですし、最近、いきなり削除される例もあります。

そんな ものくろキャンプ アメブロの運用とバックアップ方法をまとめました。

画像はアメブロにアップしない

画像の管理は面倒なので、違うレンタルサーバー(サクラインターネット)にアップして、リンクの形でブログに表示しています。

アメブロにはバックアップ機能がないために、画像をバックアップするのは面倒ですし、このようにする事で、万が一、アメブロが削除されても画像データは無傷です。デメリットはアメブロをFacebookにシェアしたときに、画像が表示されないことです。

某FC2を経由させる

FC2のブログお引っ越しツールを使うと、ごっそりデータを取ることが出来るそうです。ただ、FC2ってたしか、アレですよね。警察さんといろいろとやっている最中、いつFC2が止まっても(以下略

Windows

Windowsでは「blog tool」というアプリを使うことで、テキストデータバックアップが行えます。”2014.07.17 Ver 0.0.21”を使ってみました。

Mac

MacではSiteSuckerを使って、バックアップ出来ます。

バックアップがない時に、削除されたら

バックアップがない時に、アメブロが削除された場合も、データを手できる可能性があります。

Googleのキャッシュです。

削除されたアメブロのurlがわかる場合は「cache:”url”」をgoogleの検索窓に入力すると、直接キャッシュを表示してくれます。

あと、FeedlyでRSS講読を前もって登録しておけば、Feedlyにもデータが保持されます。手間はかかりますが、手作業でデータを救い出すことは可能となります。

今日のピックアップ記事はこちら