フリーランスの道具箱

Apple Watch で Nike+ Running で ランニングを楽しむのに、必要な設定

ランニングに、Apple WatchでNike+ Running アプリを使ってみましたが、Watchの初期設定のままだと、走っている途中で「腕を上げてWatchを見ようとしたとき」に、時計の表示画面になってしまいます。

時計

デジタルクラウンを押したり回したりして、WatchのアプリからNike+ Runningを起動させ直すことが必要になってしまい、走りながらの操作はやりにくいし、危なっかしいわけです。

広告

Watchの設定を変更

腕を上げる動作で、スリープから回復する Apple Watch、この復帰のときに、時計表示にするか、最後に使っていたアプリに戻るか、が設定できます。

普段のときは時計の方が便利に感じますが、ランニングするときは、アプリの方に戻って欲しいのです。

ランニング

この挙動の変更は、Watchでも、iPhoneでも、どちらからでも設定できます。

Watch での設定変更

デジタルクラウンを押して、Watchのアプリ一覧に切り替え、設定をタップします。

Watch 設定

「一般」をタップします。

一般 Watch

「手首を上げたとき」をタップします。

手首を上げたとき Watch

下へ画面をスクロールします。スクロールするには、画面を下に指でスワイプするか、デジタルクラウンを回すことでできます。

このデジタルクラウンでのスクロールが気持ちいいです。

下にスクロール Watch

ここで「文字盤」となっているのを「最後に使用したApp」に設定を変更します。

文字盤か最後のアプリか

これでokです。

iPhoneからの設定変更

iPhoneにて、Apple Watchアプリをタップして起動します。

開いた画面メニューの一般をタップします。

iPhone 一般

次の画面では、下へスクロールします。

下へスクロール

手首を上げたときの動作をタップします。

手首を上げたときの動作

ここで「最後の操作を再開」に設定を変更すればオッケーです。

設定変更

関連エントリー

広告

もっと
d. デジタルなツール
について読む


この記事を書いた人 :

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。ブログは年間 1450記事を更新した経験も(2013年)。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

こちらの記事も役立ちます