Apple Watch で Nike+ Running で ランニングを楽しむのに、必要な設定

ランニングに、Apple WatchでNike+ Running アプリを使ってみましたが、Watchの初期設定のままだと、走っている途中で「腕を上げてWatchを見ようとしたとき」に、時計の表示画面になってしまいます。

時計

デジタルクラウンを押したり回したりして、WatchのアプリからNike+ Runningを起動させ直すことが必要になってしまい、走りながらの操作はやりにくいし、危なっかしいわけです。

Watchの設定を変更

腕を上げる動作で、スリープから回復する Apple Watch、この復帰のときに、時計表示にするか、最後に使っていたアプリに戻るか、が設定できます。

普段のときは時計の方が便利に感じますが、ランニングするときは、アプリの方に戻って欲しいのです。

ランニング

この挙動の変更は、Watchでも、iPhoneでも、どちらからでも設定できます。

Watch での設定変更

デジタルクラウンを押して、Watchのアプリ一覧に切り替え、設定をタップします。

Watch 設定

「一般」をタップします。

一般 Watch

「手首を上げたとき」をタップします。

手首を上げたとき Watch

下へ画面をスクロールします。スクロールするには、画面を下に指でスワイプするか、デジタルクラウンを回すことでできます。

このデジタルクラウンでのスクロールが気持ちいいです。

下にスクロール Watch

ここで「文字盤」となっているのを「最後に使用したApp」に設定を変更します。

文字盤か最後のアプリか

これでokです。

iPhoneからの設定変更

iPhoneにて、Apple Watchアプリをタップして起動します。

開いた画面メニューの一般をタップします。

iPhone 一般

次の画面では、下へスクロールします。

下へスクロール

手首を上げたときの動作をタップします。

手首を上げたときの動作

ここで「最後の操作を再開」に設定を変更すればオッケーです。

設定変更

関連エントリー

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もっと
デジタルなツール
について読む