フレッツもっともっと割(NTT西日本)を光コラボレーションで転用すると、違約金は不要

  • ブックマーク
  • Feedly

タイトルで全てを語っていますが、フレッツひかりの回線を「ひかりコラボレーション」にて、So-netさんへ転用する申し込みを行いました。

  • So-net 光 コラボレーションへ、フレッツ光のプロバイダーを見直して契約変更 | ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=25860

ここで気になったのが、もともとのフレッツ光に設定されている「もっともっと割」の存在です。今回のようなひかりコラボレーションでの「転用」の場合は、違約金は不要ということがわかりました。なお、このエントリーは2015年5月28日現在の情報に基づき、作成しています。

もっともっと割

NTTフレッツさんの「もっともっと割」の詳細と違約金についてはこちらをご覧ください。

ひかりコラボレーションの転用の場合は違約金は免除(不要)

ひかりコラボレーションにて、フレッツひかり回線を「転用」する場合では、もっともっと割の違約金は免除(不要)となり発生しないそうです。また、転用した場合は、このもっともっと割自体の設定がなくなるそうです。

So-netさんの電話 受付窓口にて教えてもらいました。

So-netを解約すると

もし、So-netさんの回線を解約した場合は更新期間 30ヶ月の「長割」を設定してるため、更新月以外の場合、7,500円が必要となるそうです。

関連エントリー

  • So-net 光 コラボレーションへ、フレッツ光のプロバイダーを見直して契約変更 | ものくろぼっくす → https://mono96.jp/?p=25860
  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら