ATOK for iOS でフリック入力のときにイラッの原因を減らすコントロールセンターの設定

iPhoneで日本語を気持ち良く入力したい

iPhone 6Plusを使っています。まだ、新しい「s」ではないです。iPhoneのフリック入力にて日本語を綴ってます。ところが、iPhone 6Plusの標準フリック入力はもっさりしています。

タイミングによっては、文字を入力したはずなのに、一瞬待たないといけなかったり、iPhone 5sの方が日本語入力ではスムースに感じています。

iPhone 6Plus でフリックするのにちょうどいい

標準だと大きな画面サイズのために、フリックのキーボードも大きくなっています。このあたりがもうちょっと気持ち良くするために、ATOK for iOSを使っています。

ATOKで入力しています
ATOKで右寄せスタイルです。

下の段「ん」の入力で、コントロールセンターが出てしまう

標準の日本語入力と違うように感じるのが、一番下の行にある「ん」をフリックで操作(画面下から上に指を滑らす)するタイミングに「にょろっ」とコントロールセンターが現れて、文章書いてる途中なのに、、となっちゃいます。

コントロールセンターが出てきます
文字を入力しているはずなのにコントロールセンターが出てきます。

アプリ起動中のコントロールセンター呼び出しをOFFにする

このコントロールセンターの呼び出しを許可しない設定が、iOS8のタイミングでできることに、先月(iOS9リリース前)に気づきました。

「設定」を開き、「コントロールセンター」をタップして進みます。すると下の2つのON・OFFスイッチがあります。

  • ロック画面でのアクセス
  • App内でのアクセス

下のApp内でのアクセスがONになっていますが、これをOFFにするとOKです。先ほどのように「ん」を入力するときに、コントロールセンターが呼び出されて、文章入力の思考が中断されることがなくなります。

ただ、デメリットとして、アプリの中からコントロールセンターを呼べなくなってしまいます。自分は文章を書く方が大切ということで、このデメリットは我慢しました。

アプリからコントロールセンターを呼び出せなくなりますが。
アプリからコントロールセンターを呼び出せなくなりますが、文章入力はスムースに。

裏技的なことを見つけたなぁと思っていましたが、数日前にiOS9にアップデートしたら、この部分が改善されていて、目立たない場所なのに洗練されている!と驚きました。これについては別(たぶん次に)のエントリーに書きます。(修正 2015年10月3日)iOS9でも挙動は変わっていませんでした。どうも勘違いだったようです。

ちなみに愛用しているバッテリーはこちら。

microUSBですが、Appleのアダプターを常時iPhoneにセットしているので、すぐに充電できます。アダプターは純正がいい思います。

もう一つエントリーを読んでいかれませんか?

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら