Mac El Capitan 右クリックでファイルの新規作成がしたいので ForkLiftを導入

右クリックでファイルの新規作成がしたい

Windowsでは標準の機能「右クリック」でメニューを開いて「ファイルの新規作成」ですが、Mac OSXにはその機能が用意されていません。アプリで作業を始めた時や途中で「保存」する時に場所を選んだら良いわけですが、めんどくさいのです。

「ForkLift」というアプリを使えば、かんたんに実現できました。

El Capitanは保護機能が強力なのでFinderの拡張アプリは使えない

El Capitanになってからシステム整合性保護機能(通称 SIP)が強力となり、今まで使えていたFinderの機能を拡張するアプリを使う場合はこのSIPを解除する必要があります。ただ、Mac OSXのシェア増加で増えつつあるマルウェア(いわゆるウィルス)に対して、システムを保護するためなので、OFFにはしたくないのです。

参考 : Mac OS X El Capitanの新しい「システム整合性保護」System Integrity Protection (SIP)のON・OFFの操作方法 | ものくろぼっくす

インストールの時だけOFFにするというのはやってもいいと思っていますが、常時OFFにする必要がある様子なのです。なので、Finderの機能を拡張するこれらのアプリを使うのは諦めました。

ForkLift

そこで見つけたのが下の記事です。

ForkLift はFTPのアプリですが、MacのFinderと同じように使うことができます。AppStoreから購入しました。

開発元さんのサイトから購入する方が幾つか機能が多い様子ですが、AppStore版だとOSをクリーンインストールした時にアプリの再インストールが楽チンだからです。

右クリックから新規ファイル(空のファイル)の作成だけでなく、かなり機能がある様子ですが、この新規作成だけでも作業がすいすい捗ります。買ってからFTPアプリ Transmitでも同じことができることに気づきましたが、こちらはFTP専用と使いわけようと思います。

ということで、ForkLiftのアイコンをドックのFinderの隣に配置しました。

もう一つエントリーを読んで行かれませんか?

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
デジタルなツール
について読む