フリーランスの道具箱

親指シフトなMacで日本語ライブ変換の「もたつき」をちょっと改善するキーリピートをKarabinerで設定した

親指シフト入力のタイピングで文章を綴っています。親指シフトはKarabinerを利用したorzレイアウト(ローマ字エミュレート)です。MacのEl Capitanから日本語変換で使えるようになったライブ変換の機能をオンにしていると、ちょっと反応が鈍く感じます。

日本語を綴るときに反応が悪い

この「鈍さ」をちょっとだけですが、改善する設定を見つけました。きっかけはこちらのネタフルさんのKarabinerのキーリピートを設定する記事です。

この記事で紹介されているのと同じ数値をを設定したところ、鈍さが体感できる範囲で改善できました。

設定

Karabinerのメニューからpreferencesをクリックして、設定画面を開き「Key Repeat」のタブを開きます。

Delay until repeat を 150 msに、Key repeat を 30 msに設定しました。

スクリーンショット 2016-04-29 0.50.47

親指の同時打鍵の範囲も狭くなる

タイピングの反応が良くなるのと、同時に、親指キーの同時打鍵の判定時間の範囲も狭くなる様子です。狭い判定に指の動きが慣れていないと、同時打鍵の文字の入力に注意です。

試した環境

MacBookPro13インチRetina Late 2013
2.8 GHz i7 ・ メモリ 16GB・SSD 512GBのモデルです。

Karabinerのバージョンは10.18.0、orzレイアウトにて、左親指キーはスペースキー・右親指キーはかなキーです。

余談

根本的に改善するには、orzレイアウトをローマ字エミュレートでなく、JISかなエミュレートにすることで改善できると感じています。orzレイアウトの定義ファイルの作業にも着手していますが、まずは、設定だけで改善できたので、記事にまとめました。

もう一つ記事を読んで行かれませんか?


この記事を書いた人 :

profile2016autumn

ブロガー・Web&Blogコーチ・親指シフトユーザー・orzレイアウト考案者。WordPressが得意。HTML・CSS・PHPも熟知し広範囲の知識を持つ。

誰でもインターネットを活用できる時代だから、頭でモヤモヤしている「こんなのを実現したいなぁ」を引き出して形にし実現させるお手伝い、そして、インターネットを上手に使えるようにサポートするのが得意です。

iPhoneやAndroidなどのガジェット、デジタルだけでなく文房具などのアナログなツールも大好きです。写真や旅を楽しむこと、おいしいお食事、楽しい・ワクワクすることが大好きです。

Twitterやfacebookでも情報発信中、よろしければフォローしてください。



Instagram
follow us in feedly

ご依頼・講座開催情報はこちら

ブログ・情報発信でお困りごと、モヤモヤ、解決。あなたのステップアップをサポートしています。

広告

情報発信コンサルティング・コーチ

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。
・Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
・Webのテクニカルな改善でお悩みの方
・アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
・親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みもダイレクトにアドバイス。ブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

うまく表示されない時は
こちらをご覧下さい。

お申し込みは
お問い合わせフォーム
からお願いします。

こちらの記事も役立ちます