ストウブで鶏肉のトマト煮を作ったら、めちゃおいしかった。

あんまり料理が得意ではないのですが、ストウブを使ったら、カンタンに美味しい鶏肉のトマト煮が作れました。

レシピ

レシピはクックパッドさんで調べ、カンタンに作れそうなこちらを参考にしました。ありがとうございます。

ただし、トマトペーストは使ったことがないし、近くのスーパーでは見つけることができなかったので、ホールトマトの缶詰を使いました。これについては後で、詳しく説明します。

あと、パセリをうっかり忘れしました。

材料

  • 鶏ムネ肉
  • 玉ねぎ
  • キャベツ
  • コンソメ
  • ホールトマト(下ごしらえしました)

トマトペーストはホールトマトで代用

トマトペーストの代わりに使ったのが、ホールトマトです。鍋で軽く煮て、その後に、ザルを使って裏ごしする下ごしらえを、トマトの酸味を少なめな味付けになりました。

食材でこだわったのはキャベツ

食材でこだわったのが、キャベツです。

銀座近くまで自転車で行って、こちらのお店で有機農法のキャベツを手に入れました。

1玉 260円でした。

煮て冷まして味を

「煮物の味付けは冷める時に材料にしみこむ」と、どこかで教えてもらった記憶があります。

なので、25分ほど弱火でグツグツ煮たあとは、冷まして、晩御飯のタイミングで、再度、弱火にて温めました。

ストウブを使うことで味がよく染み込みます

ストウブなら弱火でもしっかり煮ることができて、柔らかく味がしっかり染み込み、美味しい仕上がりになりました。

使ったストウブはこちら。

この記事を読んでいる方は、こんな記事も読んでいます

[ads_amazon_1]


[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]


[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]


[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]


[/ads_amazon_4]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら