博多だるま 総本店 炙りとろ肉チャーシュー麺と替え玉と半チャーハンを味わいました

美味しかった!です。福岡 博多を訪れて、本場の豚骨ラーメンを楽しみました。訪れたのは天神駅から歩いて約10分の場所にある、博多だるま 総本店さんです。

だるま外観

地元の方から「ぜひ味わって欲しい」と教えてもらったお店です。昭和38年から守り続けてこられた本場の豚骨ラーメンのお店だそうです。

お店に着いたのは、午後2時になるタイミングでした。それでも店内にはたくさんのお客さんがおられる状態でした。ランチや夜のタイミングだと混雑する人気店です。

この総本店さん限定メニューの炙りとろ肉チャーシュー麺をチョイスしまして、さらに半チャーハンセットにしました。

平日11時30分から15時までのランチメニューでは、プラス300円で半チャーハンが追加できます。

麺の茹で加減は、オススメの「カタ」をお願いしました。

しばらく待った後に、運ばれてきた 炙りとろ肉チャーシュー麺半ちゃんセット がこちらです。

脂の旨味が美味しいトロトロの炙りチャーシューでした。このチャーシューは豚のホホ肉を使っている貴重なものだそうです。

麺は本場の博多豚骨ラーメンならではの細麺です。細麺に絡まった濃厚な豚骨スープとの共演が美味しさを倍増させてくれます。

あっという間に、ラーメンは胃袋へ。そして、博多豚骨ラーメンの真髄は「替え玉にありっ」と、昔に聞いた記憶があったので、替え玉を追加でお願いしました。

ここでも、麺の茹で加減を選ぶようでして、美味しかったので再びカタをチョイスしました。

替え玉になると、ちょっと味わいの雰囲気が変化します。

元々は荒々しい濃厚な脂と旨味だったのですが、替え玉を口に運ぶとちょっと落ち着いたまろやかな味わいでした。

  • 炙りとろ肉チャーシュー麺 1,030円
  • ランチセットの半チャーハン 300円
  • 替え玉 150円

合計 1,480円の美味しい本場 博多豚骨ラーメンでした。

博多 だるま ( 住所 : 福岡市中央区渡辺通1-8-25 )

福岡市中央区渡辺通1-8-25

首都圏にもお店があるようです。

この記事を読んでいる方は、こちらの記事も読んでいます。










著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
おいしい話題
について読む