Google Tag Assistant (Chrome機能拡張)を使うなら アナリティクス オプトアウト アドオン に注意

Googleアナリティクスの計測がちゃんとできているか?をブラウザーのChromeからかんたんに調べることができる機能拡張「Google Tag Assistant」を使うと、アクセス解析コードのダブルカウントなどのトラブルをすぐに発見でき便利です。

ところが、使っていると「HTTP responses because opted out code detected」というエラーが表示されるトラブルに出会いました。アナリティクストラッキングコードをWebサイトに正しく設置できていない?のか?と、原因を探りましたところ、自分のブラウザー(Chrome)に原因がありました。

Chromeに「Google アナリティクス オプトアウト アドオン」も導入しており、この機能拡張と機能がぶつかり合っていました。

Google アナリティクス オプトアウト アドオンをOFFにしたところ、エラーは解決しました。

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

[ads_amazon_1]


[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]


[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]


[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]


[/ads_amazon_4]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら