Cherry MX赤軸メカニカルテンキー(アーキサイト)導入 入力する指が気持ちいい

HappyHackingKeyboardを普段使っているため、テンキーがありません。事務処理の作業では数字を入力することが多く、テンキーが必要と感じまして、USB接続の製品を購入しました。

キーを押した時の気持ち良さを考えて、Cherry MX赤軸メカニカルキーを使っているこちらのモデルを選択しました。

青軸黒軸のタイプもライナップにありましたが、日常で使っているHappyHackingKeyboardの感覚と違うため避けました。青軸は押す力は軽くても底まで押し込む感覚ですし、黒軸はキー打鍵そのものが重いのです。

実際に使ってみて、赤軸タイプを選択して良かったと感じています。数字をリズミカルに気持ちよく入力できています。

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら