Vibram Five Fingers の2017年登場モデルV-Trainを試着、サイズ感と履いた感覚が違う

5本指シューズVibram Five Fingers (以下、ビブラム)を雨の日以外はほぼ毎日履いている生活です。

東京・御徒町駅にあるアートスポーツさん2階のシューズコーナーには、ビブラムの取り扱いがあり、試着ができます。

2017年に登場したモデル、V-Trainも展示されており、試着させてもらいました。

これまで履いてきたKSO EVOと比べると、サイズのフィット感と履いたときの感覚が違いました。

KSO EVOでは、44サイズがギリギリぴったりなのですが、V-Trainでは、足の指先が1cm以上余りまして、1つ小さな43サイズがフィットしました。

僕の足は幅広なのと足の甲が高いため、サイズを選ぶときに、大きめになりがちなのですが、V-Trainは試着したほうが良さそうです。

V-Trainはシューズサイド部分(足の甲 横 部分)にも、サポーターになるパーツがあり、足がシューズの中で捻れる感覚が少なそうでした。

かかと部分のソールの形状も、KSO EVOとは異なり厚みがあるので、試着した短い時間ですと、かなりフィールが異なりました。

あわせてこちらの記事もいかがですか?

裸足ランニング―世界初!ベアフット・ランナーの実用書 (ランニングBOOK)
吉野 剛
ベースボールマガジン社
売り上げランキング: 149,058

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書きました。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら