宅配便の再配達依頼は、iPhoneのChromeアプリ QRコードリーダーで3秒で依頼完了できる

不在配達票の伝票ナンバーは16桁と長い

留守中に、クロネコヤマトさんの宅急便や、郵便局さんのゆうパックの配達があり、再配達の依頼のときに、不在票の「伝票ナンバー」を入力するのが大変です。16桁と長い場合が多いですし。

QRコードをiPhone Chromeアプリで

そんなときに、iPhoneのChromeアプリを使うと、不在票のQRコードを読み取り、再配達依頼の伝票ナンバーの入力を省き、時間指定のみ入力して、手続き完了とできます。

QRコード リーダーの起動方法

ChromeのQRコード リーダーを起動する方法は、iPhoneの「3D Touch」が使える機種か、どうかによって変わります。

iPhone 6s 以降のモデルのみ「3D Touch」機能を持っています。iPhone SEやiPhone 5シリーズ、iPhone 6 などは、非搭載です。

3D Touch あり

iPhone 7シリーズ、6sシリーズの場合、ホーム画面のChromeアプリのアイコンを「ギュッ」と強く押します。

すると、メニューが表示され、その中にQRコードリーダーがあり、タップすると、QRコードリーダーが起動します。

カメラで、不在配達票のQRコードを読み取ると、Chromeにて、再配達の登録Webページが開きます。あと、再配達のスケジュールを入力し依頼登録を行います。

非搭載の場合

3D Touch非搭載の場合は、ホーム画面の上端から下にスワイプして「スポットライト検索」を呼び出します。

ここで「QRコード」と検索すると、Chromeの「QRコードをスキャンします」と表示され、これをタップすると、QRコードリーダーが起動します。

なお、この方法は3D Touch搭載機種でも、この方法から QRコードリーダーを起動できます。

再配達の依頼のめんどうから解放された

不在していたことで、再配達を依頼するのは、帰宅して「すぐ」のタイミングのことが多く、PCを立ち上げようにも、面倒です。

そこで、iPhoneで手続きをしようとしたときに、伝票ナンバーの入力が、桁数が多くてやっぱり面倒でした。

そんなときに、このChromeのQRコードリーダーを使うようになってから、快適に手続きできるようになりました。

もっとも、配達予定時間に不在しないのが、一番スムースなので、できる限り「あらかじめ時間指定」するようにしています。

家具を輸送してもらったこともあります。

ヨドバシカメラさんの配達は、業者さんを選択できます。

この記事は、PressSyncにて書きました。

クロネコヤマト 人の育て方 (中経出版)
KADOKAWA / 中経出版 (2015-02-02)
売り上げランキング: 153,562
小倉昌男 経営学
小倉昌男 経営学

posted with amazlet at 17.09.11
小倉 昌男
日経BP社
売り上げランキング: 2,884

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

もっと
やってみました
について読む