「センチメンタルな旅 1971- 2017-」荒木経惟(東京都写真美術館)表現し続けることの大切さ

「アラーキー」こと荒木経惟さんの写真展「センチメンタルな旅 1971- 2017-」を鑑賞しました。

デジタル写真が普及し、スマートフォンのカメラで写真を撮影し、大量の写真に囲まれている生活を過ごす今、写真とどう向き合うのか?を知りたく、会期終了間近の2017年9月12日に、行ってきました。

写真が好きな方だけでなく、「表現すること」例えば、文章をブログで発信する、SNSで考えていることや気持ちを伝えたい、と考えている方は、必見です。

極めて私的な「感情」を作品に発表し続けた「アラーキー」氏のスタイルは、インターネット時代の今、彼は50年も早くから実践していたことを痛感します。

「感情をそのまま表現する」

カンタンにできそうで、なかなか難しいことです。

「大量の作品を発信し続けていく」

今回の展示ガイドを確認すると、写真展「センチメンタルな旅 1971- 2017-」での展示作品は1300点を超えていました。(ガイドの作品リストを確認したところ1313点)

これまで、写真集も500以上発表されているとのことです。私からすると、アラーキー氏はまぎれもない天才な才能を発揮されています。

天才だからこそ、どんどん発表する力があるのか?と、展示を見る前は想像していました。

しかし、作品を見終わると、その考えは違うことに気づきました。

「大量に、感情をそのまま、出し続ける」

これが、先。

気づきを得ました。シャッターを押したときに、どういう気持ちだったのか?伝わってくる作品でした。

会期は、2017年9月24日まで。東京都写真美術館にて。

詳しくはこちら。

愛用コンパクトカメラの記事はこちら。

この記事は、PressSyncにて書きました。

荒木経惟 センチメンタルな旅 1971-2017-
荒木経惟
HeHe
売り上げランキング: 17,456
完全版 写真ノ話
完全版 写真ノ話

posted with amazlet at 17.09.12
荒木 経惟
白水社
売り上げランキング: 625,411

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら