ダイソーの300円 Bluetoothリモートシャッターを試した、自分の場合は電池を交換してやっと使えた

  • ブックマーク
  • Feedly

ダイソーで見つけた スマートフォン用のBluetoothリモートシャッター、これ、300円です。Appleストアでよく似たリモートシャッターだと、3,000円を超えます。

「安すぎだよなぁ」と思いながら、レジにて会計で代金をお支払いしまして、さっそく使ってみました。

ペアリング設定

ペアリングは電源を入れて、iPhoneの設定アプリ「Bluetooth」を開きます。すると「AB Shutter3」という名前で、ペアリングできます。

なお、ペアリングのボタンはありません。一度、ペアリングした後に、違うiPhoneへペアリング接続を変更したいときは、iPhoneからペアリングを解除しないと、ペアリングできない仕組みでした。

この分かりにくさは、ちょっと困ると思います。

謎のシャッター連写 トラブル

ペアリングはできましたが、不思議な連写トラブルが起きました。

リモートシャッターのボタンを押すと、はじめの1枚は、きちんと撮影できますが、2枚目以降は、ボタンは 1回 しか押していないのに、いきなり4から5枚を撮影してしまう、つまりボタンを連打してしまうトラブルが起きます。

一度、電源を切ると、また1枚目だけ、ちゃんとシャッターが切れます。

箱の裏をよく読むと「テスト用電池仕様」と書かれています。あー、そういうことですか。

電池を新品に交換する必要があるのかも、と気づきました。

ボタン電池は CR2032

近くのコンビニへ電池を買いに行ったのですが、なぜか CR2032の2個パックでした。

お値段 583円。あれ、2で割っても 290円ぐらい。うん。300円で買ったはずなんですが、電池代も300円ですので、足すと600円。

電池交換には精密ドライバー必要

電池交換では、もう一つハードルがありました。

電池カバーが小さなネジで止められており、精密ドライバーが必要です。たまたま私は手持ちの精密ドライバーがありました。

しかし、精密ドライバーを持っていないと、これも揃える必要があります。

電池交換後は快適に

電池交換後は、快適に使えました。リモートシャッターは予想以上に便利です。

2つのシャッターボタンがありますが、iPhoneではどちらも同じで、音量の「大ボタン」として動作している様子です。

余談

うーん、試しに買ってみましたが、私のはたまたま、電池切れだっただと思います。

全部が全部、そういうワケではないのでしょうけども「テスト用電池」と断りが明記していあるということは、電池が切れていても、そういうことなんだと思います。

電池は新品を用意してください。と書いてあると嬉しかったです。

というのは、あれ?おかしいなぁと色々とトライエラーしましたから。自分自身で解決できる玄人向けな製品でした。

値段は異なりますが、こちらの方がオススメできます。格好も素敵ですし。

もしくは、こちらかな。

中に使われているチップの関連記事はこちら

  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら