5日間、ブログ記事を書かずに過ごすと、ますます書けなくなっていることに気づき、まずはその気づきを文章に書き、向き合う

この5日間、ブログ記事をアウトプットせずに過ごしていました。計画していたわけでなく、結果的に、そうなってしまいました。

ありがたいことに、お仕事のご依頼がたくさんということや、久しぶりに偏頭痛に悩まされたことが要因ですが、結果的に、記事をアウトプットすることが途切れました。

5日間、記事を書かなかったのは、久しぶりです。

やっと体調も復調し、さて「ブログ書こう」と考えたときに、「これは!」という感覚がありました。

いい意味ではなく、あまり好ましくない感覚です。

何も感じない。

それに近いのです。言葉が出てこないのです。5日間もアウトプットしていなかったのだから、言葉の出てくる圧力が高くなっているかと思いきや、真逆です。

言葉が出てきません。

言葉が出てくる圧力を上げるには「毎日、言葉を書き続けること」が要であることを再認識しました。

今、文章にできた思考も、書き始めるまでは、視界不良で、モヤモヤしていました。そこで、とりあえず、今の頭にある単語を書き出してみたら、文章になんとかなってくれました。

日々、文章を書き続けることの意味に気づけました。

この記事は、PressSyncにてiPhoneで書きました。

この記事を書いた人