IODATA 外付け ハードディスク HDCS-U1を交換。自己責任なお話です。

IODATAさんの外付けハードディスクのHDDを交換しました。保証外の作業ですし、ケースが壊れたり、HDDが壊れたりするかもです。自己責任でお願いします。あと怪我もしないようにしてくださいね。

モデルはHDCS-U1です。もうぐらい4年の機種です。1TBですが、2TBのHDDに交換しました。3TBはどうなるかわかりません。古いので無理かもです。

ファンレスのケースですが、私のものはネジがありませんでした。ロットによっては背面にネジがあるようです。ネジがある場合は外します。

R0022280

ネジが無いわけで、どうしたら開くのか?と調べたら、爪楊枝3本で開くようです。この □ の部分に爪楊枝を刺します。

R0022252

こんな感じです。上の部分をそっと向こうにスライドさせると...。

R0022253

バカッと開きます。そんなに力は要りませんでした。硬いときは爪楊枝が爪をしっかり押していないので、確認を。

R0022254

あらわな姿です。プラスチックケースとHDDユニットは”ハメ合わせて”いるだけで、ネジ止めされていません。動作LEDの配線に注意して、持ち上げます。

R0022255

横に置いて、ネジを外します。これでHDDと基盤を離すことが出来ます。

R0022259

SATAコネクター部分です。壊れやすいので丁寧に外します。

R0022260

SAMSUNG HD103SI でした。1TB 5400rpmです。

R0022261

新しく2TBを取り付けてネジを締めた後、ケースに戻します。このとき、LEDの配線に注意します。プラスチックケースを締める時に挟み込まないように、内側に納めました。

R0022263

下のように、プラスチックと金属の土台がズレていると、ケースを締めることができません。ここを間違えました。きっと私だけがこんなミスをすると思いますが、なかなか気づきませんでした。

R0022265

正しくはこちらのように噛み合います。

R0022266

これで交換できました。というか、ファン付きの外付けを買った方が良かったかも。


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

広告

あわせて読みたい

記事のタイトルとURL をコピーする!

広告

新着記事

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)

ブロガー/Web&Blogコーチ/親指シフト orzレイアウト開発者/ものくろキャンプ運営。のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告