AirDisplay2でiPadAirを外出先でもサブディスプレーに、Retinaでもぴったり設定方法

MacBookAir11インチ(2013mid)で作業しています。JUSOコワーキングさんやスターバックスさんなどの外出先でも、サブディスプレーがあったら快適に作業できるのになぁと。

USB接続のディスプレーがあればなぁって、思っていました。ところが、iPadAirを持っているわけです。それに「Air Display 2」というアプリも買っています。

MacBookAir + iPadAir + AirDisplay2アプリ = どこでもiPadAirがサブディスプレーに!

Air Display 2 アプリ

2014年3月14日現在 1000円(価格はよく変わります)のiPadアプリです。

Air Display 2
カテゴリ: ユーティリティ, ビジネス

MacBookAirにもアプリを入れる必要がありますが、それは無料です。

インストール方法は以前に書いた記事をご覧ください。その記事より、今回紹介する設定の方が『キレイで見やすくって、グレイト!』なのがポイントです。インストールが終わったら、こちらの記事の設定を試してください。いやホント、いいですよ。

【AirDisplay2】1クリックでめっちゃ綺麗で広いディスプレー領域になる。iPadAirのRetina解像度を有効にする

AirDisplayの設定

AirDisplay2のインストールが完了し、MacとiPadAirの画面が接続できても『なんだザラザラっていうか、にじんでいるような..表示があんまりキレイじゃない』と感じると思います。

Dpp0004

早速設定を変更します。iPadAir側の「AirDisplay」の設定画面を開きます。

  • Retinaディスプレイ解像度を使用する
  • HiDPIモード解像度を使用する

この2つにチェックを入れます。HiDPIモード解像度を有効にすると”ログアウト”が必要です。

スクリーンショット 2014 03 14 21 01 48

Macのシステム環境設定

iPadAirは「 2048 × 1536 という広い画面だけど文字がちっちゃっく読めないよ」という状態です。Retinaディスプレイの凄さです。

Dpp0005 このままではFinderの文字も見えないので困ります。

次にMacの「システム環境設定 – ディスプレー」を開きます。iPadAirの解像度を「 1024 × 768 (HiDPI)」に切り替えます。

スクリーンショット 2014 03 14 21 04 42

これでキレイな使いやすいディスプレー表示になります。ぜひ試してください。

Dpp0009

無線LAN

このAirDisplay2は無線LANを使います。JUSOコワーキングさんなら、MacもiPadAirも同じ無線LANに接続すればいいのですが、そうでない場合もあります。

Wifiテザリングで同じ無線LAN環境にすると使えます。また、インターネットへの接続が不要なら”アドホック”という接続で大丈夫です。詳しくはこちらの記事をご覧ください。

無線LANアクセスポイントが無くてもAirDisplayを使う!MAC Power Book Pro アドホック接続

ホテルなどで有線LANが使える場所ではこの製品を使うことで、インターネットもAirDisplay2も使えました。

PLANEX 無線LANルーター ちびファイ2 MacBook Air対応 MZK-UE150N
PLANEX 無線LANルーター ちびファイ2 MacBook Air対応 MZK-UE150N

posted with amazlet at 14.03.14
プラネックス (2013-03-22)
売り上げランキング: 220

 

関連記事

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する