日本語の漢字変換を「かなキー」に変えたら、めっちゃ快適だった

漢字変換の操作はずーと”スペースキー”で行ってきました。PC-9801でATOKを使った時から、スペースキーを押して、入力文字を漢字に変換してきました。

Mac カワセミ2 にて、親指シフトタイピング(orzレイアウト)名のですが、この日本語 漢字変換を思い切って変えてみました。

かわせみ2 変更方法

キー割当変更ツールを使って、カスタマイズします。

Kawasemi

まず、入力モードの「ひらがな」の かなきー 設定を「Contrl + かなキー」に変更します。これを変更しても、英字入力モードから日本語入力モードへは「かなキー」で切り替えできます。この動作は Mac OSXのものだからです。

そして、変換と確定 の かな漢字変換 を 「かなキー」に、強制無変換 を 「spaceキー」にします。あと、候補操作 の 前の候補へ を「Shift + かなキー」に、次の候補 を 「かなキー」に変更します。

これで、漢字へ変換するときは「かなキー」、無変換なら「スペースキー」で入力できます。

 

本当はYosemiteの日本語入力で試したいけど

キーカスタマイズ方法がわからないのです。システム環境設定 の キーボード から、日本語入力(変換)を行うのですが、見つけることが出来ず、、です。

なので、かわせみ2 にてカスタマイズを行いました。

いままでとまったく違う日本語の書き方

楽です。いままでは、文章を入力してATOKの変換能力に任せた漢字変換でした。

ATOKの漢字変換能力は素晴らしいのですが、ここは「漢字」に、ここは「ひらがな」のままで、という自分の意思を明確にPCに伝えることができます。

もともとはタッチタイピングができず、画面を「見ず」に、キーボードを見ながらある程度、連続した文章を入力したタイミングで「漢字変換」をしていました。漢字変換すると画面を見る必要があり、頻繁にキーボードと画面の視線を行き来きすると疲れるからです。

でも、3年前に「親指シフト」を身に付けて、それと同時にタッチタイピングが出来るようになったことで、画面から視線を動かすことなく、キー入力が出来るようになりました。

IMG 6909

こんなに快適だとは

画面だけを見て、キー操作が出来ることで、入力しながら「漢字に変換するかどうか?」もリアルタイムに、入力できるので、この「かなキーで漢字変換」に、「スペースキーで無変換(ひらがなのまま)」という操作が、ラクチンで思考をダイレクトに入力できます。

キーを変える発想は「Japanist」から

この変換キーをスペースキーではなく右隣のキーを使う発想は「Japanist」から知りました。

使ってみて「すぐに」このJapanist方式に慣れました。かんたんに慣れることも出来て『これだ!』と思い、メイン作業環境のMacでも、漢字変換の操作を同じように変更しました。

関連エントリー

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします