USB サウンドアダプター さらにいい音で楽しむ Mac OSX Lion 設定方法

あわせて読みたい

オンボードサウンドを使わずにUSBサウンドアダプターを使っている。使っている製品はこれだ。

AREA 響音DIGI USBサウンドアダプタ SD-U1SOUND-T5

価格と比べると性能が良くて満足している。オンボードよりノイズが少なくなるのはヘッドフォンで長時間聴いているのでとても快適だ。このUSBアダプターはWindowsドライバーしかサポートしていない。

AREA製品ドライバダウンロードサイト

しかしMac OSX Lion でも使える。OS標準のドライバーがあるからだ。USBで接続して、「システム環境設定」−「サウンド」の「出力」タブを「USB Sound Device」に設定すればOKだ。他に設定しなくてもいいと思っていた。ところが、さらに良い音質で出力する設定項目があった。

システム環境設定には先ほどの設定項目しかない。ではどこに設定があるのだろうか?アプリケーションのユーティリティの中にある。「Audio MIDI 設定」だ。これを開くと「出力」タブのフォーマットが「44100.0Hz」になっていると思う。これを「48000.0Hz」に変更する。

聞き比べると、音像がクリアになった雰囲気だ。サンプリングレートが高くなっているので、はっきりした音になっていると思う。この設定は見逃しがちなので、是非試して欲しい。やってみたが好みでない場合は初期設定に戻せばいい。機械の持っている性能を試してみるのが大切だと思う。

自分はこの設定を長い間知らなかった。知った上で、使わないのは良いと思う。でも知らないままに使っているのはもったいないと思う。

この設定画面は夢の中のものなので「内蔵マイク・入力・出力」がない。内蔵オーディオを使った場合には別設定で、音質を向上させる方法がある。別記事「Mac でさらに良い音を。機器セットを設定した。 」にまとめたので参照してもらいたい。



 

あわせて読みたい

シェア大歓迎

この記事が役に立ったり、参考になったり、読んで嬉しいと感じていただけたら、ぜひ下のボタンからシェアしてください。シェア・ツィートしていただけると、飛び跳ねるほど嬉しく、今後の記事作成の原動力になります。

大歓迎です!ぜひシェアしてください。


広告

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

広告

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告