Kindle 使用感想01

この記事は2009年12月のものです。アメリカからKindleを買うことが当時流行りました。当然、日本語は扱えません(ハックで使えましたが..)。日本でkindleが発売される前の記事です。

箱から取り出したこともレポートに残しておければよかったと、後悔しています。

それぐらい衝撃的でした。すごいです。

日本語ハック無しで、十分使えると感じたので、先にレポートします。

  • 青空キンドルで活用 (凄すぎ
  • PDFで日本語資料を活用(日本語ハック無しでok [ファーム 2.3です]
    • PDFにフォントデータがあることが条件です。作成方法によっては
      読めない場合がありますが、以下の2つの方法が使えました。

      1. Google DOC から PDF を作る
      2. BullZip PDF Printer から作る

当面は純正ファーム 2.3 のkindleにて(日本語を)楽しもうと思いました。
ここまで、使えると予想して、購入のボタンをクリックしたのですが、使ってみて
予想以上でした。やっぱりやってみないとわからない。

というより、凄すぎ。このkindle。PCとかケータイとかの次元でないかも。

当時は本当に画期的でした、 ある意味iPhone以上の驚きを感じましたよ。
日本でも販売が開始されて約半年。
さらにkindleの進む方向から目が離せません。KindleはiOSなどでも楽しめます。

しかし、Kindle PaperwhiteのE-inkは液晶ディスプレーとは全く異なります。
紙のように自然に楽しめるKindle Paperwhite。おすすめです。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する