自分でどうしょうもない”こと”に出会った『感情』と上手く付き合うために買った2冊

暮らしていると色々ありますよね。自分自身で「どうすること」も出来ないことに、出くわすこともあります。

例えば、こんなことです。

[日刊 2014-02-19] 納期がない仕事は仕事ですか?

こんな時、やり場のない気持ちで、心が凹みます。色々悩んでも、起きた問題を解決できないので、さらに凹みます。

そんな時、どうすると良いのか?わからなかったので、臨床心理士さんにカウンセリングを受け、相談しました。

そこで、教えてもらったのが2冊の本。

どちらも、マインドフルネスという考え方がベースとなっています。

気持ちや感情を評価する前に、ありのまま(客観的に)見て、その気持ちは認めた上でやり過ごす。

こんな気持ちとの付き合い方です。

IMG 0750

こちらも、マインドフルネスがベースになっています。

IMG 0749

二冊とも、ワークブックになっているのが特徴です。

無理のない範囲で、その時々で活用しようと思い、購入しました。

ACT(アクセプタンス&コミットメント・セラピー)をはじめる セルフヘルプのためのワークブック
スティーブン・C・ヘイズ スペンサー・スミス
星和書店
売り上げランキング: 78,614
弁証法的行動療法 実践トレーニングブック‐自分の感情とよりうまくつきあってゆくために‐
Matthew McKay Jeffrey C.Wood Jeffrey Brantley
星和書店
売り上げランキング: 111,768

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する