ああぁ間違って洗濯した!牛革の定期入れを復活させる手入れ方法

ショック!
洗濯したズボンのポケットに、入っているはずのない革の定期入れが「入っていた」。そんな体験はだれしも一度はあるのではと思います。自分はやってしました。よりによって、お気に入りの無印良品の定期入れです。幸い中はカードのみで、紙が入っていなかったのが救いでした。

でも濡れてしまった定期入れを見て、ショックでした。数年連れ添った相棒です。そう簡単に別れられません。今まで一緒に過ごした年月が独特の味わいを出しているので、さらに、何とかしなくてはと思いました。

乾かすしか道はない

濡らしてしまったのだから、乾かすしかありません。でもどうやって乾かせば良いのか?どう手入れすればいいのか?悩みました。そのまま、陰干ししても、なかなか乾かないだろうし、しわが残る残念な結果だけは避けたかったのです。結果的に、きれいに復活させる手入れ方法を見つけられました。もし同じような悲しい経験をされた方に、参考になればと思いまとめました。

もちろん、この手入れ方法で100%、上手くできるとは限りませんので、自己責任でトライしてください。成功した一例として、参考になればと思います。

洗濯してしまった定期入れ

ヌメ革定期入れ 生成 | 無印良品ネットストア

準備するもの

  • 要らない雑誌 — 最低6冊
  • ティッシュペーパー — 一箱
  • 重しにする素晴らしい本 — たくさん
  • レザー 万能栄養クリーム — 少々
  • 要らなくなった肌着 — ハンカチ大 サイズ
  • じっと待つ我慢する気持ち — 3日間

準備するもののリストです。この中で大切なのは焦らず我慢する気持ちかもしれません。3日間、重しのあるサンドイッチ状態で乾かしました。

乾かし方・手入れ方法

はじめに中に入っているカード類を取り出します。革が濡れて柔らかくなっているので、注意しつつ優しく扱います。

雑誌を準備します。
古新聞の方が水分をよく吸いますが、インクの色移りリスクが大きいので、使いませんでした。

雑誌に直接置くのは避けます。インク移りが起こると取り返しがつかなくなります。注意します。

3枚以上重ねたティッシュペーパーの上に置きます。ティッシュペーパーに、しわができないように注意します。

濡れた定期入れの上にも、3枚以上のティッシュペーパーを重ね置きます。ここも、しわができないように注意します。

重しの本を置きます。重さは写真を参考にして調整してください。

いろいろな意味で”重い”オライリー本が大活躍です。

この時は3日が過ぎた時に、ほとんど水分が出なくなりました。毎日ティッシュペーパーと雑誌は新しいものに交換します。この交換する作業がコツです。

水分がほとんど出ると、しわになることがないと思いました。
そのままの状態で陰干しをさらに3日ほどします。

乾いた後はオイルクリームで手入れします。アニリンカーフクリームを使います。

ポリッシングコットン
こんな専用の布がありますが、要らなくなった肌着が最適です。お金も節約できます。
ハンカチ大の大きさに切り、準備します。

爪楊枝の先で、豆粒ぐらいの大きさの量を取ります。
少し足りないんじゃ?という量が適量です。

用意した肌着にクリームをつけます。

指先に肌着の布を巻き付けます。

優しくなでるようにさわりながら、クリームを薄く広げます。
この時に丸を描くように塗り広げます。

ほぼ元通りになりました!。
あとは使いながら、1週間ごとにクリームを塗る作業を2から3回してあげると、
もともと以上のきれいな風合いになります。

栄養クリーム

革製品を愛するあなたにおすすめ!


この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

ブログをメールで購読

メールアドレスを記入して購読すれば、更新をメールで受信できます。

広告

あわせて読みたい

記事のタイトルとURL をコピーする!

広告

新着記事

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)

ブロガー/Web&Blogコーチ/親指シフト orzレイアウト開発者/ものくろキャンプ運営。のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告