2014年12月09日 大阪の家にはもれなく「たこ焼き器」がある

大阪では、当たり前でしたが、そうではないようですね。

台所の戸棚を開けたら、普通にありました。たこ焼き器が。


昔はガスのたこ焼き器が、家庭にありました。下に水を入れるタイプです。たこ焼きの鉄板を焼肉用にすれば、焼肉が焼けるタイプなんだと思うのですが、焼肉をやった記憶がないのですよね。

たこ焼きは何度も焼いた記憶があるのですけど。我が家のたこ焼きには、味付けしたコンニャクが入っていました。どうでもいい情報ですね。

で、戸棚にあった「たこ焼き器」の箱を見ると、大きなサイズのたこ焼きが作れると、書いてあります。いや、そんな、大きくなくてもいいんですけどね。

昔のとは違い、電気タイプなので、焼き加減はコントロールしやすく、作りやすいはず。

まあ、大阪なら家庭に標準装備なんですよ。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する