【プレゼンテクニック】Foursquare + iMovie + Keynote で『今年の総括』を作る!#tunakan

2013年12月8日 東京の『つながるカンファレンス』に参加しました。この中で5分間のライトニングトーク(みじかいプレゼンテーション)を発表しました。

テーマは『今年できたこと これから始めること』

ものくろ の今年を表す文字は『動』です。ビジュアルで表現できないか?そんなことを考えて発表のスライド(Keynote)を作りました。

Foursquareのログがあることが条件になります。ログデータがあるとこんなことも出来るんです。

ここでは各アプリの使い方・操作方法でなく、3つを組み合わせると面白いことが出来たよ!とのことを紹介します。また、Macなものくろですので、Macのアプリでの紹介です。ごめんなさい。アクティブに活動した1年でした。これを表現したい。

そんな時に思い出したの『Foursquare でのチェックインの歴史がひとつのムービーのような演出で見れるサービス』です。

Foursquare チェックインが動画になる

これにログインしてください。これについては覚醒するCDiPさんの記事が参考になります。

画面を動画でキャプチャ

この再生される画面をMacなら”Quicktimeアプリ”を使って、動画形式でキャプチャ出来ます。基本設定は”マイクなし”になっています。そのままでオッケーです。

NORI510.comさんの記事です。SnowLeopardのバージョンでの説明ですが、今も同じなので参考になりました。

iMovieで編集

これをMacのiMovieに取り込みます。そして『思い出が詰った写真』を準備して、動画の間に挿入します。iMovieが自動で良い感じに仕上げてくれます。だいたい4秒間隔で差し込みました。完成したらファイルに書き出します。

こんな感じです。

スクリーンショット 2013 12 16 13 06 49

テストで作ってみた動画 (54秒)

iTea3.0さんが詳しい使い方を書かれています。参考にどうぞ。

Keynoteに動画を差し込む

書き出した動画ファイルをドラッグ アンド ドロップすると、Keynoteに挿入できます。

スクリーンショット 2013 12 16 13 25 29

その時に『iOSに最適化しますか?』と聞かれます。

スクリーンショット 2013 12 16 13 30 55

これを行わないとiPhoneなどで再生できません。iOSのKeynoteとの連携は便利なので『最適化』することをお勧めします。

このウィンドウが出ない時はメニューバーのKeynoteから『環境設定』を開きます。

ムービーをiOS用に最適化という項目があります。”常に確認”に設定してください。

スクリーンショット 2013 12 16 13 31 20

iPhone・iPadで再生できない!場合は下を参考にしてください。

[箱] Keynote iPad miniで動画を埋め込んだプレゼンテーション! | [箱]ものくろぼっくす

そして動画と組み合わせたアイデアのKeynoteを作れば!出来上がりです。

発表したライトニングトークについて記事にまとめています。ぜひご覧ください。

この記事を書いた人