【おいしい ものレポ 2013-12-21】1ポンドステーキ!、冬はこってりラーメンと熱々うどん、東京出張のおすすめ、など

「ひつじ家」さんの「1ポンドステーキ」に挑戦してみた!超絶ボリュームで満足!@神戸市垂水区西脇 | うまxうま!

いつもお世話になってます、「ひつじ家」さんで今日からなんと「1ポンド(450gくらい)ステーキ」なる極上ステーキが出してもらえると聞きまして早速駆けつけてみました。 本日貸し切りの中、無理やりカウン …
( via うまxうま! )


幻の高級魚 クエ « 竹蔵

幻の高級魚 クエ なかなか仕入れる事ができないと言われるこの魚。 「クエ」という名の由来は体側にある縞模様。これを時とともに変化させ体に九つの絵を描き出すと言われる所から来ています。 天然物です …
( via 竹蔵 )


おいしい

北海道産生にしん « 竹蔵

にしん漁は北海道の厳冬期である1月上旬から春くらいまで行われます。 かつて「にしんは絶滅した」とまで言われていましたが、漁師さんの懸命な資源保護への努力により、漁獲量も徐々に回復している魚です。 …
( via 竹蔵 )


[Å] 自由が丘「比内邸」が凄いいい!!新鮮な地鶏ならでは砂肝刺し初体験!地鶏のカルパッチョも絶品!!! | あかめ女子のwebメモ

自由が丘駅から数分で到着する「本家 比内邸」。比内地鶏を堪能できるお店でこの日はきりたんぽ鍋を食べてきました。メインはきりたんぽ鍋だったのですが、比内地鶏のカルパッチョや砂肝刺し、希少部位の焼き鳥など …
( via あかめ女子のwebメモ )


[ま]UNDER GROUND RAMEN(アンダーグラウンドラーメン)で「つけガンジャ」大盛りを喰らう @kun_maa – [ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้)

立って待つこと約10分、席に案内されてから待つこと約5分で「つけガンジャ」大盛りキタ━(゚∀゚)━!!!!!!!  …
( via [ま]ぷるんにー!(พรุ่งนี้) )


[ 讃岐うどん ] 地元の人に人気のチェーン店「麺や」。活気あって感じの良い宇多津店(完全禁煙) | yossense

今回紹介する宇多津店は、平成22年にできた時から完全禁煙だったので、お昼を食べによく行っていました。 …
( via yossense )


これはうどん界のラーメン二郎や!おれは「かめや」の「天玉うどん」を絶賛するッ!(東京・新宿) | 和洋風KAI

最近、毎昼のように通っているうどん屋さんをご紹介します。 もう、ホント中毒といっていいぐらいハマっています。ホンット美味いんですよ。 しかも安くてお腹いっぱいにもなるっていう。 あー写真みてたらまた食 …
( via 和洋風KAI )


ソース風味卵とじカツ丼にハマる おざわ 静岡市葵区七間町

「ソース風味の美味しいカツ丼を出すとんカツ屋さんがある」と知人から聞きつけ、お邪魔してみました。おざわさんです。 …
( via わかったブログ )


【渋谷絶品ワンコインランチ】本格ピザにビールとサラダがついて500円で食べられる!?マークシティ近くの立ち飲みピザバー「CONA」が激オススメだ! | iPhone・Macの情報発信ブログ “NUMBER333”

「CONA」という立ち飲みピザバー。マークシティから徒歩2~3分の場所にあるお店なのですが、これがめちゃめちゃ良いお店でした。 なんとランチなら本格ピザとドリンク、サラダが付いて500円という破格の …
( via iPhone・Macの情報発信ブログ “NUMBER333” )


[食べた]蒲田のラーメン暁でラーメン×キーマカレーの絶妙コンビネーションが美味!

蒲田のラーメン屋さん「暁」で、醤油ラーメンとキーマカレーという一風変わった組み合わせを食べてきました! 蒲田のラーメン屋さん 暁 …
( via 先走れカート )


東京駅内で飲める日本酒店「はせがわ酒店 東京駅グランスタ店」出張帰りに日本酒だ! | TRAVELING

東京への出張帰りにフラっと寄れる日本酒のお店、「はせがわ酒店 グランスタ東京店」。 ここは、「お土産としての日本酒」の販売だけではなく、広くはないですが10人弱が入れる「日本酒が飲めるお店」でもあり …
( via TRAVELING )


安積精肉店@姫路・山陽平松 「ジャガイモの皮まで入ってるワイルドなコロッケが美味いねん!」|ゼファー。の気まぐれB級ブログ

外からは屋号がわからないわ、たぶん(汗 中に入ると安積精肉店と書いてあったけどなw 精肉店の割には揚げものオンリーなお店みたや。 で、感じのいいお父さんがおひとりお店番。 オーダーしたら、パン粉まぶ …
( via ゼファー。の気まぐれB級ブログ )


今日は何の日?

いかがでしたでしょうか?

この記事を書いた人