東プレのキーボードをMacで使うために必要なKarabiner-Elementsの設定方法

東プレのキーボードをUSBでMacBookProなどに接続して使うときに問題となるのが、Macの日本語キーボードにある、英数やかなキーがそのままだと、東プレには存在しない問題です。

Karabiner-Elements でキー配列をカスタマイズ

これを解決するには、 キーボードを自在にカスタマイズできる神アプリ「Karabiner-Elements」をインストールして、一部のキーを入れ替える設定を行います。これで、東プレの気持ちいいタイピングをMacでも使うことができます。

なお、接続する東プレキーボードは、日本語配列です。

インストール

ダウンロードはこちらから。

インストールについてはこちらを参考に行います。

インストール完了後のKarabiner-Elementsは何も設定されていない状態です。

キーボードを接続

ここで、東プレのUSBケーブルをMacへ接続します。Mac OS の外部キーボードを判定するウィンドウが表示されるので、案内に従い操作し「JIS日本語キーボード」とします。

Karabiner-Elementsを起動すると、設定画面が表示されます。

Karabiner-Elements 初期設定を行う

Simple Modifications の 下に Target Device の選択があり、ここをクリックすると、Topre が選択できます。

Topre を選ぶと、MacBookPro本体のキーボードレイアウトはそのままに、東プレのキーボード配列だけをカスタマイズできます。

カスタマイズする項目は6つ、画面左下のAdd itemをクリックすると設定を追加できます。

設定内容はこちらの写真の通りに行います。

写真を拡大表示するにはこちらをクリック

この設定は一度行うと、保存され次回からはKarabiner-Elementsが起動しているだけで、東プレキーボードを使うことができます。

この記事を書いた人