日立洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DV80B を購入 一人暮らしだからこそ洗濯乾燥機で時間と手前を節約

洗濯乾燥機を購入しました。購入したのは、ヨドバシカメラ秋葉原さん。洗濯乾燥機は、ドラム型が多いのですが、ワンルームに住んでいるため洗濯機を置くスペースが60 cm四方なのです。ドラム型は設置が難しい点、予算もかなり必要なのであきらめました。

縦型の洗濯乾燥機もあることを知り、あっこれなら置けるとなりました。候補になったのは、シャープ・パナソニック・東芝・日立の4つでした。

売り場のスタッフさんに「価格の差はあんまり気にしないから、どの機種がおすすめですか」と聞いたら、「では、日立のこの機種です」と教えていただいて、決まりました。他の機種よりも、洗濯槽の位置が、手の届きやすい手前のレイアウトになっているそうです。

日立洗濯乾燥機 ビートウォッシュ BW-DV80B です。カラーは、真っ白なモデルと、一部がシャンパンカラーのモデルがあり、オシャレに感じたシャンパンカラーを選びました。

(日立さんのURL、サブドメインが kadenfan となっていて、会社のサイトなの?と、戸惑ったのは秘密です。)

私、20年ぐらい前、カメラを販売していたことがありまして、売り場を担当していると、直接の理由は言いにくいけど、この機種が良いよというのがあるんです。(よく修理で帰ってくるとか、色々とデータはありますが、お察しください)

今日、配送してもらって早速1回、洗濯乾燥の標準コース 3時間を、洗濯槽の半分くらい(多分4kgぐらい)の洋服やバスタオルを入れてぐらい使いました。シャツや下着、靴下、バスタオルだと、しっかり乾燥していました。これなら、厚手の服は厳しいかもですが、普段の洗濯乾燥は、縦型のこの機種でも十分乾燥する能力がある様子です。

一人暮らしで部屋干しをすると、常に洗濯物が出ている状態になり、ここ1年はコインランドリーにて乾燥まで行っていました。干して乾かして片付けるという時間が、もったいないとも感じるようになり、コインランドリーの大きな乾燥機で、ゴイゴイ乾かしていました。

おかげさまで、仕事の依頼が詰まっていると、コインランドリーに出かける時間もなかなか確保できず、休日はコインランドリーにまず行く生活になっていまして、いっそ買っちゃえとなったのです。

ヨドバシカメラさんで購入したのは、配送と設置費用が1,080円ということもありまして、実際の配送はヤマト運輸さん(おそらく家電配送専門担当さん)でした。

Amazonでも買えちゃうのですね。玄関に配達されても、その後、自分で設置場所まで運ぶのは辛いかも。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する