自分が「ムッ」とする感情に向き合ってみたら「この世界 に生まれてきてすいません」が出てきてびっくりした

あわせて読みたい

駅て並んでいて割り込まれた。とか、ちょっとしたことで「ムッ」と、イライラする感情が出てくるときがあります。

この「ムッ」という感情は、「なんで、私の邪魔をするんだ」という部分からの反応と思っていましたが、

本当はどうなの?
邪魔された私はどう思っているの?

邪魔されたは何なの?

と、ちょっと自分の宇宙(心)に問いかけました。

すると、

邪魔されている私は「世界に迷惑かけている、だから邪魔されるんだ」が出てきました。

びっくりです。

えーと、どういうことかな。

なんで、世界に迷惑かけてるの?と聞いていくと、

「生まれてすいません」が出てきました。

なんやねん。

なんで、生まれてきてすいません、なの?

たぶん、生まれたとき、もしくは、直後になにか、あったんだろうと、思うのですが、今の時点では、ここまで止まり。

ただ、わかったんですよね。

私は口癖レベルで「すいません」と言います。最近は、これを「ありがとう」と言い換えるように意識しているのですが、やっぱり「ごめんなさい」が出てきます。

これ

「(生まれてきて)ごめんなさい」の省略なんだ!と気づきました。

なので、表層で、口癖の「ごめんなさい」を「ありがとう」に変えようとしても、根っこの部分が燻っているわけです。

で、どうしてイラッとするのか、

元々「この世界に生まれきてすいません」がベースにあるので、なるべく世間に迷惑かけないように、波風たてないように、潜在意識は強く働きかけています。

なのに、波風たっちゃったわけです。順番に割り込まれたという形で。そうなると、「波風立ててすいません → 世界の秩序乱してしもた → 世界に受け入れられてない感がする → 世界に受け入れられていない私が存在している → 存在している私ってどうなの? → 生まれてきてすいません」と、なっているわけです。

なるほど。

どうりで、反射的に「すいません」という訳。

「生まれてごめんなさい」が、なぜ私の中にあるのかは、もう少し探求するとして、自分の感情のなかに、こんなに複雑なメカニズムがあったとは、驚きです。

iPhoneから送信

あわせて読みたい

シェア大歓迎

この記事が役に立ったり、参考になったり、読んで嬉しいと感じていただけたら、ぜひ下のボタンからシェアしてください。シェア・ツィートしていただけると、飛び跳ねるほど嬉しく、今後の記事作成の原動力になります。

大歓迎です!ぜひシェアしてください。


広告

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

広告

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告