Squareリーダーを使うときに、iOS10のカメラ消音バグを利用している時は注意

個別セッションの決済など仕事で、Squareリーダーを活用しています。iPhone 7Plusでも、Lightning変換アダプターを利用するとSquareは使えます

しかし、iOS10.0.2で利用できるカメラとスクリーンショット消音バグをONにしている場合は、Squareリーダーの接続ができない状態になります。

リーダーをiPhoneにセットした後、画面上部にオレンジ色の「リーダーに接続中…」というメッセージが消えず、いつまで待っても「接続完了」となりません。

音声出力でリーダーとデータ通信を行なっているため、消音モードになっていると、データのやりとりが完了しないことが原因と推測されます。

そうそう、講座を開催していて時間の区切りチャイムに活用しているのが、こちらのチャイムです。心地いい音が部屋に響きます。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する