GoogleカレンダーをWebに英語表記で埋め込み表示する方法

通常は日本語のアカウントで使っているアカウントで作ったGoogleカレンダーのうち1つだけを、日本時間だけど、英語表記でWebに埋め込みする必要がありました。

調べてみたところ、カレンダーのオプション設定はなく、埋め込むコードに表記言語の設定コードを追記することで、実現できました。

英語表記にするには下のコードを追記します。

hl=en

追記する場所は iframe src=” パラメータの最後です。「ctz=Asia%2FTokyo”」の後ろに半角スペースがあります。ここに区切り記号の「&」と「hl=en」を追記します。

実際に追記しているコードがこちらです。

英語表記にした ものくろキャンプ セッション受付 カレンダーはこちらです。日本語で書かれているスケジュールそのものは変化しませんが、カレンダーの曜日表記などは英語になっています。

こちらの記事のおかげで、作業がスムースに進みました。感謝です。

この記事を読んでいる人は、こんな記事も読んでいます。

[ads_amazon_1]

[/ads_amazon_1]

[ads_amazon_2]

[/ads_amazon_2]

[ads_amazon_3]

[/ads_amazon_3]

[ads_amazon_4]

[/ads_amazon_4]

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する