Happy Hacking Keyboard Professional BTを分解 Type-Sの軸と交換 静音化した(自己責任で)

HHKB 分解しているところ

Bluetooth 接続の JIS配列のHappy Hacking Keyboard (以下、 HHKB)には、静音モデルがないのですが、Type-S キーボードの軸を移植できると聞き、トライしました。

なお、改造後は、Type-S キーボードは、Professional相当になります。

HHKB 分解しているところ

注意点

作業によって、キーボードが壊れる可能性もあり、メーカー保証も無効になる、自己責任の世界である点をご理解ください。軸にある爪が折れます。構造上、折れます。折れても大丈夫なのですが、設計では外さない設計なので、保証が切れます。

必要なもの

分解手順

ネジを回すときに、舐めてしまわないように注意
  1. キートップを全部外す
  2. キーボード裏面のカバーを止めているネジ3つを外す(一つは電池ポックスの中)
  3. 注意しながら、キーボードのケースを開ける
  4. (キーボード裏側につながっているコードは外さず作業しましたが、外した方が作業は楽、しかし、コードのコネクターを外すのが壊しそうで、、私はやめました)
  5. Bluetoothユニットを止めている2つのネジを外し、まっすぐ慎重にそのユニットを持ち上げる(コネクターがあるので注意)
  6. キーボードの基盤を止めている18本のネジを外す
  7. キーボードユニットをそっとひっくり返す
  8. キーボードの軸が固定されているカバーをそっと持ち上げる(ココポイントです、ここで基盤の上にあるラバーがずれて隣のラバーと重なると、反応しないキーの原因に、反応しないキーはラバーの位置を調整すると、回復するのですが、ネジを全部締めたあとでナイトチェックしにくいので、慎重に)
  9. 軸のキートップ側から、1円玉を縦にして、ガイドの切れ込みに1円玉が入るように押し込んでいくと、バキッと音がして、軸が飛んでいきます。なので、無くさないように注意(ここで、軸の爪が折れてしまう)
  10. スペースキーなどは、ピンセットを使って外す(これらのキーは交換しなくても良いかも)
  11. 軸を入れ替えます
  12. 分解した手順の逆順に組み立てます
  13. ネジを全部、締めたことを確認して、キーボードのキーが反応するか?確認(私は、タブキーが反応しなくなって、全部、やり直しました)

作業時間は全部で、約2時間半でした。

壊さないように、気を使う作業なので、途中で休憩を入れることが大切です。

キートップを外したので、ついでに無刻印キートップに変更しました。US配列しか販売されていませんが、ホームポジションの段が、1つキートップ足りないだけで、問題なく使えます。

静かになって快適

さすが、Type-S です。カチャカチャと耳につく高音が減り、スコスコっという音へ変化し、グッと静かになりました。Type-Sの軸には、薄いゴムのワッシャーが装備されており、これが静音化の秘密の様子です。

参考になりました

こちらの記事のおかげで、作業がスムースに進みました。感謝です。

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします