マックで音声入力してもiPhoneより賢くないと感じるときは拡張音声入力をオフにする

マックで音声入力をしているときに、あれiPhoneの方が精度良くない、iPhoneより性能が良いはずのMacなのに、なぜこんなに認識精度が悪いんだろうと思っている方は要チェックです。

原因は、拡張音声入力がオンになっているため。この設定はぜひ確認してほしいです。

拡張音声入力がオンになっている

この拡張音声入力をオンにすると、Macがネットに接続してなくても音声入力が出来たり、音声でMacを操作できるようになります。

ただ一つのデメリットを除いては、拡張音声入力をオンにしておくメリットが大きく感じますし、Macの音声入力をはじめて使う設定を行うと、頼みもしないのに、拡張音声入力がディフォルトで有効になります。

認識精度が悪い

拡張音声入力の方が、音声認識の精度が落ちます。

認識精度が甘くなります。

拡張なのに、音声認識の結果は悪くなります。

てっきり、拡張の方が音声認識の精度もよいだろうと思い込んでいましたが、iPhoneの音声入力より精度が悪くなります。

理由はシンプル

拡張音声入力を使うと、Macの中で音声入力の解析が完結します。

しかし、音声入力の解析は、クラウドの巨大な処理能力がある方が精度が向上します。

なので、拡張音声入力はオフするのがポイントです。

Macの操作を音声で行えるより、音声入力がスムースになるメリットの方が、大きなメリットです。

iPhone単体では、音声認識を行う処理能力が不足しているため、常にクラウドの音声認識処理を使います。

これが、音声認識の精度が良い理由です。

拡張音声入力を解除する

MacでiPhoneと同じ精度のよい音声認識処理を使いたい場合は、拡張音声入力を解除する必要があります。

Macのシステム環境設定を開き、キーボードの設定を開き、音声入力のタブをクリックして、画面を切り替えます。

ここの拡張音声入力を使用チェックを外します

拡張音声入力をオフにする操作

こちらも一緒に読まれています

ものくろキャンプの講座・イベント ご参加お待ちしています!

シェア大歓迎

この記事が役に立ったり、参考になったり、読んで嬉しいと感じていただけたら、ぜひ下のボタンからシェアしてください。シェア・ツィートしていただけると、飛び跳ねるほど嬉しく、今後の記事作成の原動力になります。

大歓迎です!ぜひシェアしてください。


広告

こっそり感想を送信する

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

あわせて読みたい

広告

Facebookを使うノウハウ公開中

農家・フリーランス・経営者向け SNS使いこなしセミナー (2018年1月版)の内容を全文公開中!

無料 メルマガ発行中

運営しているものくろキャンプの講座・イベント開催情報や、ちょっと役立つ情報をお届けしています。

ほぼ毎日発行しています。

Web・Blogコーチのご依頼はこちら

Web・ブログのコンサルティング・ご相談のご依頼を受け付けております。

  • Webを活用して本気でビジネス・人生を切り開きたい方
  • Webのテクニカルな改善でお悩みの方
  • アイディアはあるのに、記事の文章にするのがうまくいかない方
  • 親指シフトを本気で習得したい方

そんな多様なお悩み、そして、さらに隠れていて見えないお悩みも見つけます。

ダイレクトにアドバイス。そして、ご自身の問題解決力を手にしていただく時間を。このブログ2400記事をアウトプットした経験に基づく良質なノウハウ・スキルを手に入れてください。時間の大切さを感じてるあなたへオススメです。

ものくろキャンプ Web・Blogコーチ セッション

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

お申し込みはこちらのお問い合わせフォームからお願いします。

ものくろキャンプ イベント案内

ものくろキャンプの開催スケジュールはこちら

広告