腕時計の金属バンドの掃除と調整を自分でやってみた -HAMILTON バリアントオート-

腕時計の金属バンドが壊れてしまって、原因が『汗』などの汚れだったことにショックでした。”見様見真似”で自分で、金属バンドを分解し掃除して、バンドの長さの調節にトライしました。

この作業は時計を壊す恐れがあります。金属バンドがダメになるだけでなく、精密機器の時計本体を壊すかもしれません。必ず専用工具の使い方を理解してください。工具を使っての作業でないと、壊れます。はい。特にハンマーを使って、微妙な力加減をする必要があります。

何があっても、自己責任でよろしくお願いします。ものくろは自分の時計だから、自分の責任でやってみました。

腕時計はハミルトンのバリアントオート、これ、シンプルな文字盤で大好きです。文字盤のデザインには、鉄道の線路がイメージされています。鉄道時計老舗の面影を感じることができます。必要な工具を揃え

Cリング方式だよね...

まずは、金属バンドの調整方法をネットで調べました。このバンドにも色々な方式があるんですが、見て判別するのに参考にしたのがこちらです。

Cリングの判別

どちらから見ても同じなので、Cリング方式と判定しました。

調整方法は下の2つを参考にしました。

[ss url=”http://mr-coo.com/belt/c-ring.html” width=”160″ class=”alignleft” title=”Cリングの調整方法” caption=”” hatebu=1 tweets=1 likes=1 rel=”nofollow” alt=”Cリングの調整方法”]
[ss url=”https://www.youtube.com/watch?v=hBuM1qGRHOo” width=”160″ class=”alignleft” title=”How to adjust for watchband (C RING) バンド調整方法(C リングタイプ) – YouTube” caption=”” hatebu=1 tweets=1 likes=1 rel=”nofollow” alt=”How to adjust for watchband (C RING) バンド調整方法(C リングタイプ) – YouTube”]

ここで困ったことに遭遇します。このハミルトンの金属バンドには【矢印】の刻印が無いんですよね。どちちからピンを抜けばイイの?です。仕方ないので、無理に叩かず手応えを確認しながら、作業するしました。なので、やっちゃダメな作業手順だと思います。

専用工具を揃える

必要な専用工具を揃えます。Amazonでもオッケーですが、たまたま、ヨドバシカメラ.comで見つけたのでそちらで購入しました。

Amazonではこちら ↓ ですが、合わせ買いなんですよね。

繰り返しになりますが、この専用工具とハンマーの使い方は理解してから作業しないと、時計を壊します。ハンマーは使いますが”優しく”が基本になります。

ものくろは前職で指先で 0.01 mm 単位を感じつつ、金属加工(例えば、こんな感じです → http://blog.goo.ne.jp/marui_0101/e/962b14c0204052253b4d714ba92726a2 )を経験しており、道具を使う感覚を習得しています。

あと、掃除に必要なのがイソプロピルエタノールです。汚れを取るのに使います。

慎重に作業を

腕時計の金属バンドを”ブレスホルダー”に固定します。そして、まっすぐに”ピン抜き工具”をバンドのピンに当てます。

腕時計の金属バンドの掃除と調整 専用工具

そして、ハンマーでバンドと会話する感覚でコンコンと、力を加えないぐらいで、叩きます。大切なのは、無理矢理に叩かないことです。力尽くは壊れます。

ピンが動くと、コンコンという音が鈍く変化します。あとは、ゆっくり少しずつ、下へピンを移動させるためにハンマーで軽く叩きます。ポイントは必ず抜ききることです。

抜けたピンです。バンド側にCリングが残っています。小さな部品なので無くさないように注意します。

止めているピン

イソプロピルエタノールを含ませた、古くなった肌着などを使って掃除します。予想以上に黒い汚れがありました。

ティッシュペーパーを使うと、ちぎれたテッシュがトラブルになりがちです。バンドのピンの穴に入って組み立てる時にピンと噛んでしまうからです。

イソプロピルエタノール

綺麗に拭き取りしたところです。

腕時計の金属バンドの掃除と調整

後は分解した手順をさかのぼりながら、組み立てて元に戻します。あと、一度に数コマの金属バンドを外して作業したのですが、おすすめできないです。一つずつ確実に作業するのをおすすめします。部品が行方不明になりかけたんですよ、、、置いていたのに、、机から落ちて、、。焦りました。

関連記事

”HAMILTON バリアントオート” 腕時計の金属バンドが壊れたので調べてみた。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら