LIQUID PRESS(WordPressテーマ)のコンテンツ分析機能を網元AMIさんのマネージドサーバーでうっかりONにして、502 Bad Gateway エラーが発生

502

このブログは網元AMIさんのマネージドホスティングプランにて、AWSにて構築しています。WordPressの外観は有料テーマの LIQUID PRESSさんのMAGAZINEを利用しています。

このテーマに新しい機能として、記事の閲覧数やシェア数などをまとめて把握できる「コンテンツ分析機能(ベータ)」が実装されまして、あまり深く考えずに、この機能をONにしたところ、その直後からサーバー(AWS)のCPU使用率が急上昇してしまい、ブログ記事の表示が重い(時間がかかってしまう)状態に、WordPressの管理画面にログインしようにも、502 Bad Gateway エラーとなりログインできない状態となりました。

網元さんのサーバーコントロールパネルからサーバーを手動で再起動し、なんとか(とても重たい状態ながら)管理画面にログインできたので、このコンテンツ分析機能をオフにすることで現在は復旧しています。

コンテンツ分析機能を無効にする設定がないため、連動するプラグイン WordPress Popular Posts を無効にして、機能を停止しています。(なお、管理画面にログインできない状態のままだったら、FTPにてテーマを削除する荒療治を行おうと覚悟を決めていました。)

この網元AMIさんのサーバーはnginxでして、強力なキャッシュ機能(Nginx Reverse Proxy)が動作しています。この環境では、キャッシュが影響してしまって、異常なCPU使用率となった様子です。

原因がテーマと特定できるまでは「えっ、もしかして」と色々な可能性を考えて、正直ドキドキしました。なんとか、すぐに原因を特定できて、対策できてホッとしています。

もう一つ記事を読んで行かれませんか?

[ads_wordpress_amazon]

著者プロフィール

ものくろ(大東 信仁)
ものくろ(大東 信仁)
ブロガー・Web&Blogコーチ。親指シフト orzレイアウト開発者。ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わる。WordPressが得意。

詳しいプロフィールはこちら

もっと
WordPressのこと
について読む