apple純正品?びっくりするほど似合う!無印良品 万年筆を使ってみた

  • ブックマーク
  • Feedly

万年筆が好きだ!

PILOT、Pelikan、プラチナ、PARKER、MONTBLANC、を使ってきました。万年筆なのだか、一本を大切に使うほうがいいのかも知れません。でも、大好きなので、ついつい新しい相棒を手にして染まします。浮気性です、ハイ。

無印良品から、アルミのおしゃれな万年筆が発売されて、ついつい手にしてしました。

アルミ丸軸万年筆 ファイン・黒インクカートリッジ1本付

気がつけば、財布から千円が消えて、そのかわりに、ニコニコしながら「無印良品」と書かれた袋を持つ自分がいました。

、apple製品

帰宅しカートリッジインクをつめ、使い始めました。そのときに、「あれ、この色合い……..」なんか身近で見たことがある、なんだろう?と思いました。

机の上にあるapple「wirelesskeyboard」・「Magic Trackpad」です!。付属品かappleの純正品にしか見えません。これは、appleユーザーにおすすめです。デジタル機器を使っているのに?万年筆?と思われるかもしれません。しかし、パソコンを使っていると、意外とメモを取ることが多くないですか?

ちょっとした、覚え書き・サイトで見つけたキーワード・割り込んできたメールや電話のメモです。書き易さは、ボールペンより万年筆が優れています。何れだけがんばっても、構造上ボールペンは万年筆のスムースさが難しいのです。

書き易くて、しかも、apple製品とぴったり合うデザインの万年筆いやペンは貴重です!。

入門し易い価格

価格が1,155円!なのが特徴です。この価格は万年筆としてはビックリする価格です。ぜひ試してほしいのです。初めて万年筆を手にする方も多いと思います。先ほど、スームスに書けると言いましたが、これは使わないとわからない点です。なぜ、スムースなのか?。浅い角度で書ける、軽い筆圧で書ける、線に強弱が付けれ、文字の”入りと抜き”ができる。

特に、ボールペンはその構造から、浅い角度で使えません。鉛筆や筆もそれほど立てて使いませんよね。これだけでも決定的に違います。

万年筆の魅力にハマってしまって、後戻りできなくなること間違いなしです。(その時は、お財布と相談してくださいね)

デザインも無印のものと知らない人からみると、シンプルなペンに見えます。万年筆に見えないのです。これがまたGood。万年筆はPARKER・Lamyを除くと、デザインはどうしても万年筆っ!という感です。その点でもおすすめです。

価格が安いもう一つのメリットがあります。筆記用具なので持ち歩き使いたいです。「万が一、落としたり、無くしたりしたら」と考えると、何万円もする高価な万年筆は持ち歩けないです。使ってこその道具なのに。その点、楽な気分で持ち歩けます。むかし、開き直って「道具だから、使おう」とモンブランを持ち歩いていて、見事になくしました。泣くに泣けません。

心地

この価格を考えると、素晴らしいと感じています。

ペン先をよく見ると、”F”と”IRIDIUM POINT”の刻印があります。Fなので細字です。イリジウム(白金の親戚)のペン先です。耐摩耗性に優れた金属です。もっと高価な万年筆でも使われるペン先材質です。噂では、シュミット製のペン先かも?とのこと。価格が価格なのですが、その点を逆に考えると、良いと思います。

ボールペンと違い浅い角度で書ける、軽い筆圧で書ける、線に強弱がでる。これらの点での不満はありません。細身なので持ち易さは、他の万年筆のほうがいいです。デザイン優先なので、長い時間使うのは別に自宅用を選べば良いと思います。

書き心地はいいです。少なくともこの価格で、スーーと線が引けて、スラスラッと文字が書ける、「書き味」はいいですよ!しかも、使い続けるとその人の書き癖に合わせて摩耗するため、さらに書き味が出ます。これが万年筆の魔力です。

インクが…

純正インクカートリッジが小さいのが弱点です。普段使いで、一週間でなくなりました。新しいカートリッジを無印良品の店舗で購入しようと思いました。でも、在庫がなくて、取り寄せに一週間必要とのことです。これは困りました。

説明書には「純正以外はお勧めできません」と書かれていますが、欧州共通規格のカートリッジです。万年筆本体に収まれば使えます。

いまはペリカンのカートリッジを使っています。一週間以上使っています。大丈夫です。また、無印良品のインクより、ペリカンのインクの方がサラッとしているようで、スラスラ書けます。裏写りも控えめです(少しは裏に写ります)。

インクを交換できる・選べるのも万年筆の良いところです。ブルーインクにすることもできます。インクをモンブランにして書き味を楽しむことも可能です。

その魅力

無印良品から、アルミのおしゃれな万年筆が発売されました。appleの純正品かと見間違うほど、キーボードやマジックトラックパッドと同じシンプルなデザインです。価格も購入しやすいものですが、書き味はいい感じです。

いままで、万年筆が大好きな人にも気軽に使える一本として、万年筆を使ってことがない方には、はじめの一本としておすすめです!。

万年筆を愛する人におすすめ!

アルミ丸軸万年筆 ファイン・黒インクカートリッジ1本付

アルミ丸軸万年筆 ファイン・黒インクカートリッジ1本付 | 無印良品ネットストア

インクカートリッジの規格

万年筆のインクカートリッジ・コンバーターの互換性(ヨーロッパ統一規格・独自規格): 右月左月

参考になりました、感謝。
  • ブックマーク
  • Feedly

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

フリーランスのブロガー・Web&Blogコーチ。個人・法人様を問わず、情報発信をコンサルティングとサポートしています。( 活動実績はこちら

親指シフトのorzレイアウト開発者でもあり、日本語入力のエキスパート。

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)したことも。200回を超えるワークショップ開催・のべ1,000名のブログサポートに携わっています。

WordPressが得意です。WordPressコミュニティのイベントにも参加しております。お会いした時はよろしくお願いします。

東京 秋葉原に拠点と住民票がありますが、大阪や名古屋を中心に、日本を移動しながら仕事をしつつ暮らしています。

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします

今日のピックアップ記事はこちら