プロセス完了後のターミナル ウィンドウを自動で閉じる | Mac OS X

最後は手作業。
自動処理でターミナルを呼び出してスクリプトを実行した後、ターミナルのウィンドウは「プロセスが完了しました」と表示されたまま、開いています。

キーボードなり、マウスなりで閉じる操作が必要です。折角自動処理しているのに、最後が手動というのはイマイチです。

自動でウィンドウを閉じる方法が無いか調べたところ、ターミナルの「環境設定」の「シェル」にて、実行後のウィンドウの挙動を指定できます。

変更方法

設定方法はシンプルです。ターミナルの環境設定を開きます。

photograph2013201302

下のウィンドウが開きます。「シェル」を選択します。中程にある”シェルの終了時”のオプションを「ウィンドウを閉じる」に変更します。

photograph2013201302

これで、次からのプロセス完了後のターミナル ウィンドウの挙動が変わり,自動的に閉じます。

カンフーマック ―猛獣を飼いならす310の技 カンフーマック ―猛獣を飼いならす310の技
Keir Thomas,武舎 広幸オライリージャパン
売り上げランキング : 90347Amazonで詳しく見る

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する