Googleアナリティクスのデータ保持期限が26ヶ月に変更 過去データを保つなら「自動的に期限切れにならない」へ設定変更

Googleアナリティクスの過去データが消えて慌てる前に、設定を変更しました。

アクセスデータの保持期間のディフォルト設定が、2018年5月25日に変更となります。

今までは、過去の全期間データをGoogleアナリティクスは保持してくれていました。これが、26ヶ月へ変更となります。

今までは、保証されていなけれども、データが全期間保持されていました。この設定が変更になります。

ブログのアクセスデータは、成長記録です。自動的に削除とならないように、期間を変更とデータのエクスポートを行いました。

データ保持期間は、「自動的に期限切れとならない」に変更しました。

設定方法は、アナリティクスの管理画面 左下にある「歯車アイコン」をクリックしプロパティ画面に入り、真ん中の列にある「トラッキング情報」をクリック、「データ保持」をクリックして、設定画面を表示します。

ここのデータ保持期間を自動的に期限切れとならないに変更しました。

追伸、

この連絡メールをはじめ読んだ時は、一部データが消えるのか?と勘違いしていましたが、全データが消えます。

なので、消えてから慌てても復活できないので、すぐ設定変更してください。

参考

エクスポートはこちら

講座開催 ご案内
広告

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する

この記事が気に入ったら
いいね!しよう

最新の情報をお届けします