ホンダ スポーツカー「S660」 凄すぎて興奮しています。東京モーターショー コンセプトカー

引用:ホンダの軽スポーツカーBEATの後継車となる「S660」のコンセプトカーをフォトレビュー – GIGAZINEより

東京モーターショー2013(一般公開 2013年11月23日から12月1日)にて、ホンダが本気を出してきました。

 TOKYO MOTOR SHOW WEB SITE

今まで噂であったBEATの後継になるコンセプトカーを展示しています。

 ホンダの軽スポーツカーBEATの後継車となる「S660」のコンセプトカーをフォトレビュー – GIGAZINE

 東京モーターショー2013:ホンダの新型軽スポーツは「ビート」じゃなくて「S660」、「UNI-CAB」も進化 – MONOist(モノイスト)

コレが格好良すぎです。もちろんオープン!いいですねぅ。ビート(Beat)は1991年から1996年まで生産された軽自動車で、エンジンを車の中央に配置するミッドシップレイアウトのオーブン2シーターでした。

 ホンダ・ビート (自動車) – Wikipedia

一度だけハンドルを握ったことがあるのですが、コレは車でない..と感じました。バイクですかね。とにかく気持ちいい。すばらしいものでした。

製造中止から15年以上。いつか次のモデルがでる!と噂されていました。それがコレです。

ものくろの独自情報筋によると、おそらくFRレイアウトで登場。マニュアルミッションも選べるだろうとのことで、マニュアル好きなドライバーさんが登場を固唾をのんで待っているとのことです。

また、このコンセプトカーはホンダのF1開発チームにて進められているプロジェクトらしく手加減なし!らしいです。

商業的に難しいジャンルであることも検討済みらしく、このコンセプトカーを作る前提で ヒット作のN−ONEとN BOXの設計が進められたとも..。

なぜなら同じ設計チームがN−ONEとN BOXを開発したらしいのです。

 N-ONE | Honda

 N BOX│Honda

N−ONEとN BOXの部品を流用するのでなく、コンセプトカーを念頭に設計した部品をN−ONEとN BOXに使っているのでは?そういう設計にしているのでは?とささやかれています。

ホンダの技術者さんなら..やるよな!っと、自分は納得しています。

コレが本当か?は確証がありませんが、少なくともN−ONEとN BOXがヒットしたことで、ホンダ社内でのコンセプトカー開発に変な圧力は起きなかったと思います。

GGZ 6979 m

引用:ホンダの軽スポーツカーBEATの後継車となる「S660」のコンセプトカーをフォトレビュー – GIGAZINEより

コクピットの写真です。かっこいい!のですが、よく見てみると何か足りない。

そう、ナビを付ける場所がない!いや?オーディオすら設置する場所が見当たりません。ただしエアコンはあるようです。

エンジン音が最高の音楽ということですね。わかります。

久しぶりに乗りたい!と思う車の登場です。

悪ガキ三人組もどんなコメントをするのか?楽しみですね。

この記事を書いた人

ものくろ(Webコーチ)

株式会社あみだす 代表取締役 / 博士課程中退(農学) / ブロガー / Web&Blogコーチ / 親指シフト orzレイアウト開発者 / 講師 / フリーランス / 旅人 / 民事裁判経験者 / 毎月どこかに出張

ブログは月間65万PVを記録(2016年1月)。 これまでに250回を超えるワークショップ開催・のべ1,200名のブログサポートに携わる。

WordPressが得意 / 好きなもの(無刻印キーボード・十割蕎麦・湯葉)/ あまり好みでないもの(ブロッコリー・値切り)

開催している講座に参加する